防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ > セキュリティハウスの歴史
スタッフブログ

セキュリティハウスの歴史

2022年10月17日

3年ぶりのセキュリティハウス会経営者幹部懇談会開催

Share on Facebook

2022年5月26日

竹中センサーグループ創業63年 創業記念日に社員全員に紅白饅頭が!

Share on Facebook

2022年4月8日

創業者 竹中新策について

Share on Facebook

2021年6月16日

昭和の名人が逝く

令和3年5月30日、小林亜星さんが心不全のため、88歳で亡くなられました。昭和の時代の様々な音楽を作った方として、広く知られていました。代表曲を上げると、驚くほど幅が広く、歌謡曲だけでなく、アニメソングや企業CMでも数えきれないほどの作品を残しています。

あらゆる世代の人が小林亜星さんの作品を耳にしていると思います。それぞれに思い出につながるようなメロディや歌詞にこみあげてくるものもあります。

実はセキュリティハウスの社歌も小林亜星さんに作曲していただいていました。グループ会社の竹中センサーグループでは、昼休みが終わる前に子の社歌が全館放送で毎日流れます。
もちろん年始式などの式典では社歌斉唱もあり、グループの社員は全員メロディが体に染みついています。ふとした時に鼻歌で社歌のメロディを口ずさんでたりする人も一人や二人ではありません。社員は一生忘れることはないのではないでしょうか。

残念ながら、小林亜星さんが亡くなったので、新たな作品が作られることは二度とありません。しかし、一度作って世に流れたものは、いろいろな媒体意を通じて、後世に引き継がれていきます。小林亜星さんの作品は、覚えやすいメロディでどこはホッとするような雰囲気のものが多いです。作った人の名前がわからなくても、曲は永遠に生き続けます。

セキュリティハウスも名前を憶えていただけなくとも、防犯対策で皆様の生活に寄っていきたいと思います。


ご相談はお気軽に。安心な暮らしのパートナーセキュリティハウスへ!
Share on Facebook

2020年1月30日

2020年もセキュリティハウス総会に川口能活氏がキターーーーーー

今年のセキュリティハウス総会にも昨年度に引き続き企業キャラクター川口能活氏が年末セールスコンテスト個人賞の特別プレゼンテーターとしてお忙しい中 ご参加いただきました。

1位から5位までの方にはサイン入りサッカーボール、6位から15位までと特別賞の方には色紙をお渡しいただきました。

2008年よりセキュリティハウス・ネットワークの企業キャラクターをお願いしています。昨年度は竹中エンジニアリング及びセキュリティハウス・センターに会社訪問していただき、商品や歴史、検査体制などを見ていただきました。

Share on Facebook

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook