防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > オリンピック中継は防犯になる?
スタッフブログ

オリンピック中継は防犯になる?

羽生選手の華麗な演技、葛西選手の涙と新ヒーローの活躍で日本列島熱くなったり、感動している人も多いと思います。
ふと、このソチオリンピックは「防犯」にプラスかマイナスか?と考えてみました。

まず、多くの人が深夜にも関わらず実況中継を見ている、という事実です。
フィギュアスケート男子FSは瞬間最高視聴率23.1%という数字です。

日本時間15日未明に、羽生結弦選手(19)が金メダルを獲得したソチ冬季五輪・フィギュアスケート男子FSを中継した、フジテレビ系の中継番組の視聴率が、関東地区で平均16・6%、瞬間最高23・1%を記録したことが17日、ビデオリサーチの調べで分かった。 番組は14日午後11時から翌15日4時50分にわたって放送。日本男子フィギュア初の金メダルに期待が集まり、深夜帯に5時間40分の長時間放送だったが、異例の高数字をマークした。(ディリースポーツ2月17日より抜粋)

4人に一人がこの実況中継を見ていた、ということで、この数字には驚きました。
夜の11時から朝の5時前まで、ずっとではないにしても起きている人がこれほどいる、というのは日常あまりありません。
泥棒の手口の一つである「忍び込み」の侵入時間としては最も多いのが2時前後。つまり通常であれば就寝中の時間帯です。
ところが、このオリンピック期間中は、深夜にもかかわらず起きてテレビを見ている家が多い、ということで、忍び込みの手口での侵入窃盗は非常にやりにくい、ということがいえると思います。
(とは言っても、TVに熱中し過ぎて、どこまで効果があるかは??ですけどね)

犯罪者、というのは人目につくのを最も嫌がります。
侵入防止4原則、というのを警察が発表していますが、
① 目(人目につくのを嫌がる)
② 音(音が鳴るのを嫌がる)
③ 光(明るく照らされるのを嫌がる)
④ 時間(犯行に時間がかかるのを嫌がる)
ということですが、音と光、時間も「人目につきやすくなる」ので嫌ということで
人目につかずにそっと侵入できる環境を最も好むということです。

但し、一般家庭では夜間に侵入する「忍び込み」よりも、昼間留守宅を侵入する「空き巣」の方が多いため、安心するのは早計です。

やはり24時間、家族がいる時も、無人の時も守ってくれる「予防」を重視した自主機械警備システムが最適ですよ。

Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook