防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > 万引きは人殺しに近い。
スタッフブログ

万引きは人殺しに近い。

先日より万引きをした犯人の映像をインターネットに掲載した店舗のことがニュースになっていました。
毎日新聞に掲載されていた記事が非常に心に残りましたので御紹介します。

何年か前の小欄で、作家の井上ひさしさんが少年時代に辞書を万引きして本屋のおばあさんにつかまった話を紹介したことがある。その時書けなかったおばあさんの井上少年への説教がある

 盗んだ辞書を手に取りながらおばあさんは言う。「これを売ると百円のもうけ。坊やに持って行かれてしまうと、もうけはフイになって定価の五百円の損が出る。その五百円をかせぐには同じ定価の本を五冊売らなければならない」。井上少年はこわごわうなずいた

「うちは六人家族だから、こういう本をひと月に百冊も二百冊も売らなければならない。でも坊やのような人が三十人もいてごらん。六人は餓死しなければならない。坊やのやったことは人殺しに近いんだよ」。少年は薪割(まきわ)りを命じられた(「ふふふ」講談社文庫)

 そして今日、書店が次々に街から消える背景には目に余る万引きの横行がある。そんななか東京の古物商「まんだらけ」がアンティーク玩具を万引きしたとされる人物の画像をネット公開すると警告した騒動である。喝采(かっさい)する向きが多かったのも不思議ではあるまい

 結局のところ警察の要請を受けて公開が中止されたのは、私的制裁が許されない法治国家の原則からみて妥当だろう。罪の意識の薄い万引き犯には「緩慢な殺人」というおばあさんの見方をそのまま投げかけたい。では井上少年の薪割りは私的な罰ではなかったのか

 薪割りが片付くと、おばあさんは少年に辞書を渡した。「代は薪割りの手間賃から差っ引いておくよ」。少年は欲しい物は働いて買うのだと教えてくれた人生の恩人を大作家となった後も忘れなかった。

(毎日新聞 2014年08月14日 より抜粋)

書店やドラッグストアなどでは学生などが遊びの延長で万引きをするケースがあります。
遊び感覚で万引きされても被害はそのままその店舗の利益を悪化させます。
万引きによる経営悪化で店を閉める店舗にとっては死活問題です。

この本屋のおばあさんは万引きをした井上少年に、万引きをすると書店にとってどれほど大きな被害があるのかを説明し、働いて欲しいものを手にいてることを教え、その結果かどうかは不明ですが、少年は作家として大成功を収めます。
井上ひさしさん自身がこの時のことを記載しているのですから、よっぽどそのエピソードを忘れず、その教えをしっかりと心に刻んだんだと思います。

今回の「まんだらけ」とこのおばあさん。どちらも犯人に対して「万引きはNO」ということを明確にした点では同じですが
おばあさんの対応の方が少年に対する愛情があったように感じられます。
万引きが犯罪であることは同じですが、犯人をやりこめるか、犯人を諭すか。

なかなか深い問題ですね。

やっぱり万引きはされないことが一番。
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook