防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ > セキュリティハウスについて
スタッフブログ

セキュリティハウスについて

2020年4月20日

全国での緊急事態宣言に対応した当社勤務体制について

当社は緊急事態宣言が全国に拡大されたことに対応し、本日より運営本部及び札幌、京都、名古屋の拠点におきましても、社員の出勤者の制限と、テレワークを行います。

京都の運営本部及び全国の拠点におきまして、社員は出社していますが、少人数にて対応致しますので、対応にお時間を通常以上に頂戴する可能性がありますのでご了承願います。

一日も早くコロナウィルスが撲滅することを心より祈念しています。
Share on Facebook

2019年12月11日

川口能活氏 Jリーグ功労賞受賞

セキュリティハウス・ネットワークの企業キャラクターを2008年より務めていただいている川口能活氏が、
「功労選手賞」を受賞した、とのビックニュースが入ってきました。

2008年 企業キャラクター契約締結後に制作したポスター。
実は、契約前に案を練り、この「攻撃る守備(せめるまもり)のロゴも考え、そのポスターを持参して品川駅内の喫茶店で所属会社社長にプレゼンテーションを行い契約締結にこぎつけました。
熱く、熱く、「攻撃る守備(せめるまもり)」のコンセプトを語ったのを思い出します。
川口能活氏ら8人に功労選手賞授与 12月8日Jリーグアウォーズで表彰(スポニチより抜粋)

Jリーグは都内で理事会を開きJリーグで長く活躍した小笠原満男氏(40)、川口能活氏(44)、中沢佑二氏(41)ら8人に功労選手賞を授与することを決めた。
今年の受賞者は、元日本代表MF小笠原満男(40)、元日本代表GK川口能活(44)、元日本代表DF中澤佑二(41)、元日本代表GK楢崎正剛(43)、元日本代表FW播戸竜二(40)、元日本代表FW巻誠一郎(39)、MF森崎和幸(38)の日本人が7名。また、ブラジル出身のDFアレックス(36)の合計8名が受賞する。

「ワールド超サッカー」によると、日本人選手の選考基準は、所属クラブより推薦があった選手、また、J1、J2、J3、リーグカップ、天皇杯、その他のJリーグ公式試合、Jクラブが参加するFIFA、AFCの国際試合、日本代表の公式試合で合計500試合出場以上の選手となる。なお、原則J1、J2、J3、リーグカップ、天皇杯で合計400試合以上に出場した選手となる。
GK川口能活(44)
【所属クラブ】
1994年〜2001年/横浜マリノス/横浜F・マリノス
2001年〜2003年/ポーツマス(イングランド)
2003年〜2004年/ノアシェラン(デンマーク)
2005年〜2013年/ジュビロ磐田
2014年〜2015年/FC岐阜
2016年〜2018年/SC相模原

【通算】717試合/0得点
《内訳》
J1:421試合/0得点
J2:43試合/0得点
J3:43試合/0得点
リーグカップ:51試合/0得点
天皇杯:19試合/0得点
その他Jリーグ公式試合:22試合/0得点
Jクラブ参加の国際大会:2試合/0得点
日本代表:116試合/0得点

引退をマスコミに表明する1日前に、本当に忙しい中、わざわざ横浜から京都まで引退をすることと、今まで応援していただいたお礼を言うためだけにお越しいただきました。

その律義さと誠実さ。

2008年に契約してから長いお付き合いをさせていただいていますが、本当にサッカー一筋の方です。

見た目もカッコよく、モデルのようですが、あまりそれを意識したところを感じさせません。

どちらかというと、「スポーツ少年」がそのまま大人になった、という清々しさを感じます。

その後も全国のセキュリティハウス加盟企業の皆さんに感謝を伝えたいと

1月のセキュリティハウス総会にこれも1時間長しか時間がない中お越しいただきました。

会社訪問もしていただき、我々セキュリティハウスのことも理解を深めていただけたと思います。

今回の受賞で弾みをつけて、来年度の益々のご活躍が期待できるのではないかと思います。

セキュリティハウス総会にてご挨拶いただきました。

竹中エンジニアリング・セキュリティハウス・センターにご訪問いただきました!!

Share on Facebook

2019年8月22日

人材採用専用ホームページを制作・公開しました。

この度全国セキュリティハウス・ステーションの人材募集専用ホームページを制作しました。
セキュリティ業界では深刻な人手不足になっており、特にオリンピックやインバウンド対策などで防犯システムや防犯カメラなどを設置したくても中々施工ができない、お客様から問い合わせをいただいても提案に行く余裕がない・・・といった声も良く聞く中で、少しでも加盟企業の人材募集の手伝いを本部として行えないか、との考えで制作を企画しました。

ホームページを制作する中で、多くのセキュリティハウスの営業マンや社長にお話しを聞き、インタビュー動画を制作したり、インタビューのコーナーの原稿を制作いたしました。
その中で痛感したのが、皆「セキュリティ・防犯の仕事が大好き」ということ。
インタビューは、内容は事前に説明せずいきなりインタビュアーが質問したのに答えていただいた内容を録画編集しています。
最初は緊張していたり表情が硬かったメンバーが、どんどん饒舌になり、自らの言葉で、「セキュリティハウスの仕事の魅力」について熱く熱く語ってくださいます。

「親や子供・親友に胸を張って自慢できる仕事」
「地域の安全・安心を担っているという誇りが持てる仕事」
「自分の子供を守っている、というやりがいがある」
「お客様に設置後に、泥棒がこのシステムで逃げた、ありがとう、と感謝してもらえる有難い仕事」
といった言葉が何人もから出てきました。

「今まで扱っていた商品は画一的で、結果的に押し付けていた。今はお客様の要望やニーズに応じて自分で選択して提案できる、本当の意味での提案営業だと感じる」
「専門メーカーの商材を自信を持って提案できる」
「大手競合に絶対負けない商品だと自信を持っている」
とった、メーカーとして本当にうれしいコメントも多くいただきました。
セキュリティハウスは、「防犯は人なり」と考えて創業よりずっと「人の育成」と「人との関係強化」をテーマにやってきました。
防犯のプロとしての教育、それを支える研修制度。
横のつながりを支えるセキュリティハウス会。
こうした「防犯は人なり」を支えるセキュリティハウス・ネットワークの魅力が凝縮している人材採用専用ホームページ。
是非、一度ご高覧ください。

特にセキュリティハウスで働く魅力の動画や、先輩社員インタビューは必見です。
セキュリティハウスのことがもっともっと好きになること間違いなしです。


セキュリティハウスで働く魅力
全く異業種から、先輩に教えてもらい
やりがい、商品に対する自信
是非ご覧ください。

セキュリティハウス・メーカーである竹中エンジニアリングの魅力、歴史について、企業キャラクター川口能活氏が会社訪問時に説明した動画です。
Share on Facebook

2019年7月19日

岡山商品展示会

7月10日 岡山商工会議所にて「防犯商品展示会」を開催しました。
セキュリティハウス岡山にて声がけをして、多くのお客様にご来場いただきました。

本展示会は、防犯機器シェア№1の竹中エンジニアrンぐ株式会社の侵入検知センサーや防犯カメラ・ヘルスケア商品、セキュリティハウスオリジナルの遠隔監視システムi-NEXTなどを実際に実機を使ってお客様に説明しました。

会場ではミニセミナーも用意しました。
・濃霧や豪雪でも検知 外周警備用コンビネーションセンサー、広範囲を検知のレーザーセンサー
・お年寄りの動きをプライバシーを配慮しながらシルエットで監視する予測型見守りセンサー
・働き方改革インターバル制度助成金対象の遠隔マネジメントシステムi-NEXT

コンビネーションセンサー

フェンスセンサー

外周警備のミニセミナー

予測型見守りセンサー実演

お年寄りのプライバシーに配慮した管理

予測型見守りセンサーのミニセミナー

特許取得の遠隔マネジメントシステムi-NEXT

働き方改革と遠隔マネジメントシステムi-NEXT ミニセミナー

最新のAHDカメラ
Share on Facebook

2019年6月28日

仙台 防犯展示会大盛況で終了しました

2019年6月20日 仙台国際センターにて開催した仙台防犯商品展示会 盛況に終了しました。
今回の防犯商品展示会は、仙台が地元であるセキュリティハウスミヤツー、セキュリティハウス仙台が中心となり、多くの来場者で大盛況に終了しました。

展示商品は、
● 豪雪や霧でも検知する「コンビネーションセンサー」の実演
● 働き方改革 勤務間インターバル制度助成金の対象となる遠隔マネジメントシステムi-NEXTの実演
● プライバシーを配慮した予測型見守りセンサーの実演
等に特に多くの来場者からの質問がありました。

ミニセミナーも開催し、「福祉施設向けのセキュリティシステム」に関してご説明を行いました。

お年寄りの安全対策ヘルスケア商品

遠隔マネジメントシステムiNEXT

最新のAHDカメラ

防犯機器のトップシェアメーカー
竹中エンジニアリング株式会社の各種センサー

実際に最新のセキュリティシステムを実演。

防犯商品展示会の後には、東北地区のセキュリティハウス・ネットワーク加盟企業が集まり「売れるしくみ作り懇談会」を開催。各社の営業成功事例紹介などを行いました。

各社の営業成功事例発表では、幼稚園・資材置き場・飲食店チェーン店・・といった業種別に各社が最近納入した内容やお客様に喜んでいただいたポイントなどを発表しました。
遠隔マネジメントシステムi-NEXTのインターバル制度助成金を使用した成功事例には特に注目が集まり、多くの参加者より質問がありました。
このインターバル制度助成金を使用すると、導入費用の80%~75%(上限が80万~100万)補助される、というものです。

Share on Facebook

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook