防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > コロナウィルス自粛の中公園で背広姿のキャッシュカード詐欺盗逮捕
スタッフブログ

コロナウィルス自粛の中公園で背広姿のキャッシュカード詐欺盗逮捕

毎日新聞の4月24日のニュースに、銀行員を装ってキャッシュカードを騙し取る犯人が捕まった記事が掲載されていました。

*************************
他人のキャッシュカードを盗んだとして、大阪府警は24日、東大阪市荒川1の無職(22)を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が要請される中、スーツ姿で公園を歩く容疑者を捜査員が不審に思い、職務質問したという。

 逮捕容疑は3月31日午前、銀行職員などを装って大阪市住吉区の60代女性宅に「キャッシュカードを3日間預かる」などと電話。封筒にカード6枚を入れさせ、すり替えて盗んだとされる。

 府警捜査2課によると、4月23日に住吉区内で同様の電話が多発し、捜査員が警戒。公園内には家族連れが多く、スーツを着た容疑者が目立っていたという。公衆トイレで着替えたところを職務質問した。
 電話で警察官や金融庁の人間を騙って行う詐欺です。
事例として大阪府高石警察署が紹介していました。

★悪人イラストもしもし、△△警察署の◇◇です。実は詐欺グルー プの犯人を逮捕したのですが、あなたやご家族名義 のキャッシュカードが不正に利用されているおそれ があることがわかりました。

不正に利用されないために、「保護申請」が必要とな ります。保護申請するため、これから金融庁の職員 を自宅に向かわせるのでキャッシュカードを用意して おいてください。
◾️金融庁の□□です。キャッシュカードを保護しますの で、この封筒の中にキャッシュカードと暗証番号を書 いた紙を入れて下さい。封をするので、印鑑を押して ください。

印鑑を押してもらったので、キャッシュカードの保護 ができました。○日までは絶対に封筒を開けないで 下さい。

被害者が印鑑を 取りに室内に 戻った隙にあら かじめ用意して いた価値のない ポイントカード等を入れた封筒とすり替えます。犯行の発覚を遅らせ、確実に現金を引き出すために「○日まで封 筒を開けないで」 等と言います。

警察や金融機関、金融庁などがキャッシュカードを預かったり、暗唱番号を聞いたり、封筒に入れさせたりはしません。怪しいと思ったら必ず周囲の人に相談。警察に相談しましょう。

Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook