防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > 橋やトンネルの名前などを記した金属製の銘板
スタッフブログ

橋やトンネルの名前などを記した金属製の銘板

橋やトンネルの名前などを記した金属製の銘板10枚を盗んだとして、警察は福井県の男ら5人を窃盗の疑いで逮捕し、銘板900枚余りを押収しました。

銘板が盗まれる被害は全国で相次いでいて、警察は5人がほかにも銘板を盗んでいた疑いがあるとみて調べています。

逮捕されたのは、福井市の自営業、M容疑者(43)や17歳の少年など、いずれも福井県内に住む男ら5人です。 警察の調べによりますと、5人は平成23年からことし5月にかけて、福井市や石川県加賀市でトンネルや橋に設置された銘板合わせて10枚を盗んだとして、窃盗の疑いが持たれています。

警察の調べに対して5人はいずれも容疑を認めているということで、「銘板を売るため盗みを繰り返した」などと供述しているということです。 5人は、福井県大野市のスキー場にあった廃屋から銅線を盗んだとして、ことし6月に逮捕されていました。

警察は、これまでに大阪・南港で中国に輸出される直前のコンテナから、5人が盗んだとみられる銘板900枚余りを押収したということです。

銘板の盗難は福井県内では880枚余り、およそ4700万円の被害が確認されるなど、全国で被害が相次いでいて、警察は5人がほかにも銘板を盗んでいた疑いがあるとみて調べています。

全国で2000枚なくなる 銘板は、橋やトンネルなどの維持管理に必要な情報を確認できるよう、名前やしゅんこうした年月、使用した材料、それに設計や施工をした会社名などを記したものです。 ことし4月1日に島根県安来市の国道の橋でなくなっているのが見つかり、その後、国や自治体などが調べたことろ、先月の時点で少なくとも全国9つの県で合わせて2000枚余りがなくなっていることが分かりました。 被害額は1億円以上に上るということです。

福井県「盗難後は溶接」 福井市内のトンネルの銘板を管理する福井県道路保全課の西出俊亮課長は、「今まではボルトで留めるだけだったが、盗難に遭ってからは溶接して簡単に外れないようにしている。公共のものなので二度と盗まれないようにしたい」と話していました。 (NHKニュース 8月11日)

最近の窃盗犯が狙うものが変わった、という話をよくするのですが、今回もそういう話で、橋やトンネルの名前などを記した金属製の銘板を盗んでいました。

全国的に銘板を盗む窃盗犯は発生しており全国で2000枚、1億円以上の被害ということです。
今回 900枚が中国に輸出されるコンテナに乗せていたとのことです。

全国で金属盗難がまだまだ多発しています。
その背景には、中国などの建設ラッシュで金属の価格が高騰していることがあります。
換金できるということは、窃盗犯にとっては、配線材料やクーラーの屋外機なども札束に見えているのかもしれません。

まだまだ知られていない「金属盗難」
この金属盗難を防ぐには、
● 金属物を放置しない。
● 敷地の中に自由には入れないようにする。見通しの良いフェンス、門扉、施錠など。
● 人感ライトを設置する。
● 外周警備システムを導入し、赤外線センサーで侵入者を検知しその場でメッセージや音・光で威嚇撃退する。
● 防犯カメラを設置し自動録画する。
● 遠隔監視システムi-NEXTで、iPadで遠隔から気になる時に確認する。

といった方法があります。
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook