防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介 > 中外日報2019~
メディア紹介

中外日報2019~

四つの機器からなる火災予防装置の写真

火災、盗難の予防に 中外日報2022.11.25

セキュリティ専門企業のセキュリティハウスケント(長崎市)は、納骨堂での火災抑止に効果がある自動音声報知装置を開発した。無人状態になることが多い納骨堂での火災予防装置として注目を集める。
警告灯セキュリティキーパーやステッカーの写真

寺社の防災・防犯対策特集「不審者の侵入を防ぐ警備」 中外日報2022.9.9

北海道から沖縄まで139のセキュリティ専門企業によるネットワーク「セキュリティハウス・センター」は、「防犯のプロ」が先進機器を駆使して寺社の防犯・防災をサポートしている。

境内に配慮し施工 中外日報2022.7.29

日本最大級のセキュリティ企業のネットワーク、セキュリティハウス・センター(本部・京都市山科区)に加盟するセキュリティハウス宮崎(DSF㈱、宮崎市)はこれまでに培った技術力と信頼を基にして、地元に密着した事業を展開している。
地元企業などへ数多くの防犯システムを構築し、寺社に関しても積極的に取り組む。
中外日報2022.5.25

新社屋、災害時拠点に 中外日報2022.5.25

富山市のセキュリティハウステレ通(テレ通㈱)は、防犯・防災を通じて地域社会に貢献している。48年前に設立され、防犯・防災・通信・携帯電話の4事業を手掛け、今年4月には社屋を新築・移転し、新たなスタートを切った。
中外日報2022.4.27

自主機械警備システム推奨 中外日報2022.4.27

岐阜県多治見市のセキュリティハウスセクテック(㈱セクテック)は地元の公的施設や企業、寺院などの防犯システムを多数構築している。同社の特徴は、防犯システムが異常を検知すると音声や光などで犯罪者を威嚇・撃退する「自主機械警備システム」と「駆けつけ型」の警備業務双方を担うことにある。
中外日報2022.2.25

美観維持と犯罪抑止 中外日報2022.2.25

京都市山科区の「セキュリティハウスみやこ(メガテック㈱)」は、国内最大級の防犯専門企業のネットワーク、セキュリティハウス・センター(同市山科区)と連携して、京都・滋賀を中心に防犯システム構築にいそしむ。「京都イコール寺社というのが私の印象で、日本の財産とも言える寺社がいたずらや窃盗といった犯罪被害に遭遇することがあってはならない。お客様の安心・安全を追求する私どもは、各寺社に最適なシステムをカスタマイズします」と提案・施工に当たっての寺社特有の取り組みを話す。
中外日報2022.1.28

先進機器でサポート 中外日報2022.1.28

寺社のシステム導入を数多くサポートした片山勇社長(総合防犯設備士)は「寺社は地域の方々にとってかけがえのない場所。犯罪があってはいけない。高いレベルで、システムの設計と境内の美観を損なわない施工を手掛けたい。費用負担を抑えた当社オリジナルのセキュリティシステムの開発にも成功したことから、これまで以上に寺社への犯罪抑制に貢献したい」と話す。

安全と快適性を両立 中外日報2021.12.22

前回は「セキュリティハウスSE」(㈱スパックエキスプレス、東京都港区)がオープンした本社ショールームを紹介した。ショールームでは受付の無人化やモニタリングなど防犯機器を活用して、徹底した入退室管理のデモンストレーションを行う。今回は三宅勇雄社長に、入退室管理を基軸とした「守り方改革」の中心コンセプトであるオフィスにおける勤務時間内の防犯対策の重要性、同社の理念とする防犯と快適性の両立などについて聞いた。

入室管理体感の施設 中外日報2021.11.24

オフィスオートメーションで犯罪発生を抑止する、そんなシステムを体感できるショールームがセキュリティハウスSE(㈱スパックエキスプレス、三宅勇雄社長)の本社(東京都港区)にオープンした。従来は軽視されがちだった日中の防犯を中心課題に据え、「守り方改革」と銘打ち顧客に推奨している。オフィスを念頭としながらも寺(社)務所といった管理棟での活用も十分可能という。

最小の投資で 最大の効果を 中外日報2021.10.27

弘法大師ゆかりの地、香川にあって犯罪被害を減らそうと防犯システム構築に日々奮闘する防犯専門企業、セキュリティハウス香川(高松市、有吉徳洋社長)。同社の理念は「自社が存在する必要のない安全で安心な社会の実現を目指す」で、犯罪の撲滅を強く願い防犯で寺社や自治体などをサポートする。
この理念を受け、社員たちは「契約が一つ決まれば、世の中から一つ犯罪が減らせたと思い、大変やりがいを感じる」と強い使命感のもと仕事に取り組んでいるという。

本当に必要なシステム構築 中外日報2021.9.29

神戸市灘区のセキュリティハウスセブネットは国内最大級のセキュリティ専門企業のネットワーク、セキュリティハウス・センター(本部・京都市山科区)に加盟する。
寺社の施工に当たり宮崎裕樹社長は「ご本尊や建物など貴重な文化財を隙間なく守れるシステムを構築する。施工では対象を絶対に傷つけないよう細心の注意を払っている」と心構えを語る。

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook