防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログその他 > 台風・防犯対策(窓ガラスの強化)
スタッフブログ

台風・防犯対策(窓ガラスの強化)

地球温暖化の影響か、日本に上陸する台風が大型化しており、上陸する期間も長くなっています。
今回の台風19号も今世紀最大級と言われています。
多くのサイトやSNSで台風対策を報じています。
今回は「窓ガラス」について、防犯・防災の面で述べたいと思います。

窓ガラスの補強が防犯・防災対策の要です。

台風被害で多いのが、一戸建て住宅の場合、TVアンテナ(4割)、瓦が飛ぶなど屋根・雨漏り(3割)、窓ガラス(2割)です。集合住宅(マンション・アパート)の場合には、約8割が窓ガラスが割れる被害です。
飛来したスレート材がマンション8階で窓ガラスを直撃し住民の方が亡くなった被害も出ています。

窓ガラスの強化方法として下記があります。
窓割れを防ぐための暴風対策
●雨戸・シャッターを閉める。
●飛びそうなものを家の中に取り込む。(傘・ゴミ箱・植木鉢・自転車・箒・ガーデニング用機材・植木鉢等)
●洗濯物物干しざおを下に下す。
●網戸を確認し、雨戸やシャッターがない場合には外して家の中に取り込んでおく。
●瓦の点検を行い、早めに修繕をしておく・補強をする。
●防犯フィルムや飛散防止フィルムを貼る。
●窓ガラスの縦。横・斜めに養生テープ・セロテープを貼る。
●カーテンを閉める。できれば二重カーテン。
●大き目の段ボール箱空箱がある場合には室内に補強の意味で窓枠に養生テープで貼る。
●外に面した窓のすぐそばの台に乗っているTV等がある場合には特に注意する。ガラスの花瓶などは下に下す等対策をする。
●襖を占めて窓の側から離れる。
侵入窃盗対策としての窓強化
侵入窃盗(泥棒)など防犯面から窓ガラスの強化を検討します。

窓からの侵入は、一途建て住宅の場合、侵入口は窓からの侵入が57.6%と最も多く、ガラス破りの手口も38.2%とあります。

マンションの3階以上も窓からの侵入が56.9%、ガラス破り32.6%となっています。

台風対策と同様に、窓ガラスの強化は侵入窃盗対策として非常に有効です。
●夜間、不在時には雨戸、シャッターを閉める。
●防犯フィルムを貼る。
●防犯強化ガラスなどに変更する。

●窓に近づくと自動的に光を付ける人感ライトを設置する。
●窓に近づくと検知する赤外線センサー、窓をこじ開けると検知するマグネットスイッチを設置し、異常発生時にはその場で大音量の音、フラッシュライト等で威嚇撃退する。

網入りガラスは飛び散るのを防ぐ効果はありますが、防犯効果はありません。
クレセント錠の防犯効果はないといっても過言ではありません。
窓には補助錠前を追加することが大切です。
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook