防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ > 秋の実りを守りたい
スタッフブログ

秋の実りを守りたい

岐阜県内で柿の窃盗事件が相次いでいるのを受け、県警とJAぎふなどがパトロールに乗り出しました。11月9日、本巣市見延のJAぎふ糸貫選果場で出発式が開かれ、関係者が被害防止を誓い、30分にわたって柿畑を巡回しました。

 出発式には警察官やJA職員、自治会員ら約20人が出席。北方警察署長が「地域の防犯を高めて、生産者の心を無にするような卑劣な犯罪を決して許していけない」とあいさつしました。関係者は3班に分かれて回り、不審者がいないか、畑に異変がないかを注視しました。

 県警によると、県内で今年、農産物の盗難被害は10月までに149件を確認しています。被害総額は524万円と昨年一年間と比べ、約4倍になっています。

 県警などは県内全域で12月上旬まで人目に付かない畑を中心に、見守りを強化しながら、犯人摘発へ向けた捜査や地元住民への声掛けを実施していきます。

<YAHOOニュース 2021/11/9 19:28配信>より

ブランド農作物の盗難が急増しています。コロナ禍で高級食材の販売が好調なため、転売目的で盗んでも完売できてしまいます。

農作物盗難の対策は難しく、敷地境界線を強化し、不審者を立ち入れないようにすることが一番の対策なのですが、果樹園などはどこからでも侵入できるところがほとんどです。
敷地が広大なので、フェンスで果樹園を囲うといったことがなかなか出来難いです。

その場合に有効なのが外周警備で使用される赤外線センサーです。ただし、センサーには電気が必要です。また、センサーを制御するコントローラも必要になります。

この問題を解決するのが、セキュリティハウスがお勧めする無線式赤外線センサー送信機「TXF-125D」です。

特殊な専用電池で作動し、約3年使用できます。(使用状況により異なります)
センサーの信号もワイヤレスでコントローラと通信するので、配線工事が必要ありません。

早期発見し威嚇撃退することにより被害を最小限に食い止めます。

ご相談はお気軽に。
全国138社の総合力!セキュリティハウスにお任せください。

Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook