防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ > 最新の盗難手口について
スタッフブログ

最新の盗難手口について

特殊な機器で車の制御システムを不正に操って解錠したとみられる高級車の窃盗被害が愛知県内で相次いだことが、捜査関係者への取材でわかりました。「CAN(キャン)インベーダー」と呼ばれる新たな手口で、車が異常を感知しないため搭載された警報装置も作動せず、専門家はタイヤロックなど二重三重の対策を呼びかけています。

8月11日未明、名古屋市の住宅駐車場から1000万円超の高級車レクサスLXが消えました。防犯カメラに映った人物が盗んだ車で逃走するまでわずか十数分。鍵をこじ開けた形跡はなく、捜査関係者は「犯行時間も短く、CANインベーダーの可能性がある」と話しています。

20日未明には、同市の住宅ガレージからLXが盗まれ、物音に気づいて運転席のドアにしがみついた男性が振り落とされて負傷してしまいました。22~24日にも、同市や長久手市で高級車が5台立て続けに盗まれました。


窓ガラスが割られたり、鍵が壊されたりしておらず、一部の現場では、車の左前部にしゃがみこむ不審な人物が防犯カメラに映っていました。捜査関係者らによると、故障診断に使われるヘッドライト裏側の配線に特殊な機器を接続し、電子信号を送ることで解錠やエンジンの始動が可能になるとのことです。車の動作を制御する車載ネットワーク「CAN」を乗っ取るイメージから、CANインベーダー(侵略者)の呼び名が付けられました。
兵庫県警は8月31日、この手口による窃盗事件を全国で初めて摘発し、男2人を逮捕したと発表。被害は17都府県で195台(総額約9億5000万円)に上るとみられています。解錠に使われた小型の機器について、男らは「知り合いから約200万円で買った」と供述、窃盗グループの間で流通している恐れがあるとのことです。

近年は、車の電子キーが発する電波を増幅、中継して解錠する「リレーアタック」の被害が目立っていましたが、電波を遮断するアルミ缶にキーを保管するなど対策が浸透してきたため、新たな手口に切り替える動きが出てきたとみられます。

防犯アドバイザーによると、CANインベーダーは電子キーが近くになくても解錠でき、10~20分の短時間でエンジンがかけられます。特にレクサスは部品だけでも海外で高値で取引され、狙われやすいといいます。
「タイヤやハンドルをロックする防犯用品を装着するなど、この車を盗むには時間がかかると思わせる対策が重要。カーセキュリティー専門店に相談してみてほしい」と防犯アドバイザーは話しています。


<YAHOOニュース 9/12(日) 14:35配信>より
  
  

車両盗難も技術の追いかけあいが加熱してきています。最新式の車は、今までの手口ではピクリとも動かないようになっていて、ガソリンがエンジンに行かないように燃料カットを行ったり、盗難に遭ってもGPSでリアルタイムに所在場所を特定できたりなど、万全の対策が取られています。しかし、CANインベーダーという手口はメインのシステムを書き換えることができてしまうので、最新のセキュリティを無力化してしまうこともあります。したがって、最新の手口に対する対策は、やはりハンドルをロックしたり、タイヤをロックしたりする原始的な方法になってしまうようです。

便利さと引き換えに安全性を犠牲にしてしまったパターンです。

いくら便利になろうとも、鍵が無くならないのはそういった理由からでしょうか?

私共セキュリティハウスも、皆様の安全を守るために、常に最新の犯罪手口を知り、そのうえでの対策を講じていかなければなりません。

狙わせない、入らせない、あきらめさせる!がセキュリティハウスのモットーです。

ご相談はお気軽に!
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook