防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ > 今年を表す漢字
スタッフブログ

今年を表す漢字

12月14日、発表された2020年度の「今年の漢字」は「密」が第1位となりました。毎年年末に公益財団法人日本漢字能力検定が全国から広く募集をしていました。応募総数は208、025票でその内28,401票(13.65%)を集めての一位が「密」でした。
くしくも2020年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞も「3密」でした。
 

今年の漢字の10位までを見てみても「禍」「病」「新」「変」「家」「滅」「菌」「鬼」「疫」と、どれを見てもほとんど新型コロナウイルスを連想するものばかりです。「鬼滅の刃」に関連する2文字だけ例外として入っていました。昨年の1位は「令」と、新元号「令和」を連想させるものでした。
  

今年、このような新型コロナウイルスによる感染症が流行しなければ、オリンピックイヤー、しかも1964年ぶりの東京開催でした。オリンピックイヤーは今年の漢字も「金」が多かったので、今年も「金」になっていたような気がします。
このままいけば来年に開催される予定なので、来年こそは「金」が1位を取ってほしいですね。
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook