防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > リフォーム詐欺
スタッフブログ

リフォーム詐欺

「振り込め詐欺」はかなり有名になりましたが、それでも多くの方が被害に遭っています。

今年2月8日の朝日新聞には振り込め詐欺を含む「特殊詐欺」について下記のような記載がありました。

********************************************
 昨年1年間に全国の警察が認知した振り込め詐欺など特殊詐欺の被害件数は、1万8201件(前年比28・6%増)で7年連続の増加となった。現在の統計の取り方になった2010年以降で最多。被害額は約390億3千万円(前年比4・3%減)で、3年連続の減少。1回当たりの被害額が少ない架空請求が増えたのが主な要因という。警察庁が8日発表した。

 東京や神奈川、福岡といった大都市圏を中心に16都道府県で件数と額が増え、被害者の7割を65歳以上の高齢者が占めた。警察庁は金融機関と連携するなどし、被害防止策を進める。

 手口別にみると、金に困った息子などをかたる「オレオレ詐欺」が8475件(前年比47・3%増)で最多。有料サイト利用料などの「架空請求詐欺」5754件(同53・8%増)、医療費や税金が戻ると偽る「還付金詐欺」3137件(同14・8%減)と続いた。これら三つの手口で全体の95%を占めた。

金品を受け取る方法では、警察官などを名乗ってキャッシュカードをだまし取る方法が4004件と前年の4倍以上に膨らんだ。コンビニなどで販売されるプリペイドカード式の電子マネーで支払わせる方法も2914件と前年より倍増。被害者にATMを操作させて現金を振り込ませる従来多かった方法は減少傾向で、金融機関などの水際対策が強化されたためとみられる。

 検挙件数は4654件(前年比4・1%増)と3年連続の増加、検挙者数は2490人(前年比5・1%増)だった。摘発した犯行グループの拠点は過去最多の68カ所だった。

*****************************************
 被害額は減少して390億ということですから、非常に高額です。

 今回「詐欺」について記載しようと思ったのは、あるウッドデッキのメーカーのホームページを見たことからです。そのホームページには注意勧告として「当社のウッドデッキなどの写真、解説などをコピーしたネットショップが複数存在します。楽天・ヤフー・自社オンラインショップの各ショップ意外は全て詐欺サイトですのでご注意下さい。」と記載されていました。
 聞いたところ、大手エクステりメーカーの商品を40%引き、といった大幅の値引きで販売。お金を振り込んでも何も送ってこない、ということのようです。実態は海外ではないかとの話。

・住所を調べても実在しない?
・電話番号がない。メールのみ
・支払方法は銀行振り込みのみ。カード・代引きもない。
・銀行の口座名は法人名ではなく個人名。
最近は電話だけでなくメールやホームページを使っての詐欺が横行しています。
ヤフーや銀行の名前を使ってクレジットカード情報やIDパスワードなどを聞き取ろうとしたりしています。
ついつい不安になって、そこに記載されているアドレスをクリックしたり、電話をしてしまうと大変なことになります。

又、リフォーム等塗装等も「近所で工事をしていたので」「屋根の塗装が・・」といった強引とも思える売り込み勧誘があり、価格に関しても非常に高額だったり、内容が問題あったりするようです。

注意が必要です。
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook