防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > 寺に忍び込んで現金430万。預金引き落とし200万。
スタッフブログ

寺に忍び込んで現金430万。預金引き落とし200万。

寺に忍び込んで430万円盗む…


被告を再逮捕 北海道警静内署は7日、寺に忍び込んで現金430万円を盗んだとして、新冠町節婦町、無職E被告(62)(窃盗罪で起訴)を窃盗容疑で再逮捕したと発表した。

 発表では、被告は今年6~7月、新冠町の寺に窓から侵入し、住宅にあった現金430万円とキャッシュカード4枚を盗んだ疑い。

被告は11月、盗んだカードと暗証番号のメモを使い、数回にわたって現金約200万円を引き出したとして、逮捕された。

(読売新聞 12月8日(日)より引用)

「寺の窓から侵入」とありますが、窓ガラスを割っての侵入か無締りの窓からの侵入かは記載されていないので不明です。

それにしても430万円もの現金が置いてあった、というのは
無防備としかいいようがありません。

又、盗んだカードには暗証番号がメモで貼られていたようで、
それもあまりにも防犯意識が希薄だと思います。

現金を置かない。
防犯性能の高い金庫に入れる。
金庫を過信しない。
クレジットカードと暗証番号を連想できる書類を一緒に置かない。
簡単に侵入できないように防犯システムを設置する。

といったことをお勧めします。

窓には開閉を検知するマグネットセンサー
敷地内への侵入を検知する赤外線センサー
放火などを検知する炎センサー
仏像盗難を検知する傾斜センサー
といった侵入検知センサーを設置し、侵入を検知するとその場で大音量の音と光で威嚇撃退するシステムがお勧めです。

まずは防犯意識を高く持ち続けることが大切です。
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook