防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介新聞 > 読売新聞 朝刊 「くらし」 弊社の、総合防犯設備士 島田隆之が紹介されました。防犯カメラ性能アップ
メディア紹介

読売新聞 朝刊 「くらし」 弊社の、総合防犯設備士 島田隆之が紹介されました。防犯カメラ性能アップ

譲マンション向けに、高性能の防犯カメラマンションが増え てきた。
暗い場所でも映ったり、故障を自動で知らせたりする機能が付 いている。
プライバシーの保護に配慮し、専門家の助言なども聞きながら 、防犯力アップに活用したい。 
高知県内のあるマンション(約30戸)では2年前、
エレベー ター内だけだった防犯カメラを、駐車場と玄関の2か所にも増 設した。
車が傷を付けることで被害を防ごうと、管理組合が設 置に踏み切った。


万が一の場合に備え、機器は高性能のものを選んだ。
駐車場は夜間のかすかな光でも鮮明に映るカメラを、玄関は逆 光でも入館者の顔が判別できるカメラを 設置。故障や破損の際は、整備会社の監視センターに自動で連 絡が行き、復旧が図られる。
管理組合の理事長は「何かあった時に撮影し損ねるとか、録画 の映りが悪いといった心配がなく、
安心できます。いたずらも最近はなくなりました。」と話す。


マンション内の防犯カメラ設置が一般的になる中、こうした 高性能のシステムは、増えてきている。
三菱電機ビルテクノサービス(東京)では1月に、解像度の高 いデジタル方式の安価システム「メルック・ミュー」を、4月 には故障などの監視・復旧を提供するサービス「メルセントリ ー・ウィズ01」を発売開始。
両方をセットにした場合のリース費用は月額約3万8000円 (カメラ4台。+工事費を含む)になる。


東芝エレベーター(東京)のシステム「トスミュールNEO」も、 暗い場所や逆光の中で映像を補正する技術を採用。映像は内蔵 のメモリーカードに記録され、簡単に再生できる。
セコム(同)も昨年12月、カメラへのいたずら感知など機能 がついた「HVRシステム」を発売した。
ただ、どの場所にも同じ機能のカメラは必要ない。


NPO法人「東京都セキュリティ促進協力会」広報担当理事の 島田隆之さんによると、
カメラ設置場所によって、必要な機能 は違ってくる。

駐車場では全体が映るようにする。
玄関では入館者の顔が判別できるようにするなどだ。

「マンションの防犯は、敷地内の暗い場所をなくすとか、死角 を作らないといった工夫でできる部分も多い。防犯カメラの利 用を含め、防犯設備士など専門知識をもつ第三者によく相談を 」と、
島田さんは助言する。 防犯設備士の団体の多くの都道府県に設置されている。 
防犯カメラを設置する際は、住民のプライバシーを保護する目 的で、使用細則を作る必要がある。


MPO集合センター(同)によると、細則に設ける項目は、

録画した映像の運用は理事長が行う。
保守点検を除き、盗難などの事件が起きた場合のみ観覧させる。
観覧の可否は理事会が決める。
観覧の際は、複数の理事または監事が立ち会う。
観覧者は、映像の内容を第三者に教えない。

などが一般的だという。 同センター常務理事の有馬戸江さんは
「高画質になれば、 なお さらプライバシー保護に気を配る必要があります。」と話す。


マンション大規模修構講座
22日午後1時半~3時半、東京・新宿区のNPO法人建築ネ ットワークセンターで。
大規模修構をテーマに2月~9月まで行われている連続講座の 2回目。
「建物調査診断を学ぶ」をテーマに、1級建築士がマンションの劣化の検査法やポイントを実例を交えて話す。
今回だけの受講も可。
資料代1000円。 申込が必要。 問合せは、同センター(03-5386-0608)へ。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook