防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ > 電車を安全な乗り物に
スタッフブログ

電車を安全な乗り物に

10月31日19時55分ごろ、東京都調布市の京王線布田―国領駅間を走行中の京王八王子発新宿行きの上り特急電車内で、男性が突然刃物を振り回しました。警視庁調布署などによりますと、60~70代くらいの男性が先頭から8両目で刺されて意識不明の重体。刃物を持った男性は5号車で油のような液体をまいた後に火を放ったとみられ、車内で火災が発生し、床と座席が焼けました。乗客約10人がのどの痛みなどを訴えていますが、いずれも軽傷といいます。

警視庁は2号車にいた自称20代の男性を確保し、殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。男性は刃物を所持しており、同庁でくわしい事情を聴いています。

警察の取り調べに対し、容疑を認め「小田急の事件を真似た」「人を殺して死刑になりたかった。2人以上殺せば死刑になれると思った」などと供述しました。


<毎日新聞 2021/10/31 22:02配信>より


電車の車内での凶行がまた起きてしまいました。
この男性は仕事や対人関係がうまくいかず、落ち込んでいたところに、ハロゥインのお祭り騒ぎの中に入って自暴自棄になったようです。心に闇を抱えてどうしてよいかわからずエネルギーを爆発させたというところでしょうか。このように犯罪を未然に防ぐためには電車の車内に防犯カメラを設置するということではないような気がします。カメらがあったとしても刃物を振り回せいていただろうし、オイルを撒いて火を放ったでしょう。
ではどのようにすれば事件が起きなかったのか。大勢人々が同じ空間にいるからではないでしょうか。それぞれ個人個人が分けられた空間に存在すれば、人に危害を加えたり、痴漢に遭ったりしないのではないでしょうか。人間一人一人が個室のような空間に入ればお互いに干渉せずに済むのではないでしょうか。物理的に簡単ではないですが、通勤電車を利用するようになって数十年そんなことをふと考えてしまいます。
満員電車は知らない人同士がありえないほど近距離にいるのです。仲良しの人でもあんなには近づかないのに。

そんな仕組みがあれば、この男性も犯罪者にならずに済んだのですが。

罪を憎んで人を憎まず。
刃物を振り回さなければ、犯罪者にはなりません。

セキュリティハウスは狙わせない環境づくりで犯罪を抑止し、犯罪者を作りません。
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook