防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
防犯に関する基礎知識

泥棒の心理

泥棒の好きな家

洗濯物

●洗濯物が干しっぱなし。

●木々が死角になる。(人目につかないので逃げ道にぴったり)

●通帳・印鑑・クレジットカード・キャッシュカードや
生年月日を記したものが一緒にある。

●部屋のすぐ目につくところに
財布・ハンドバッグ・名刺入れなどを置いてある。

●アルミサッシの窓がある。(音がしないので引きやすい)

●家の中が乱雑でいくらかきまわしてもバレない。

●窓などに錠がひとつしかついていない。

●新聞受けに新聞や郵便物をさしたままになっている。

●玄関周辺に家の鍵がある。

●暗くなっても屋外に電灯がつかず、カーテンが開かれて中がまる見え。

●車庫があるが、扉があいて中に車がない。

●道路から小路に入った塀に囲まれた角家、人目につかない死角の多い家。

●ポケットに物に入れたままの背広上下が壁にかけてある。

大丈夫だと過信しがちなポイント

外付けの面格子

取り付け用のネジが見えている状態だと
ドライバー1本さえあればいとも簡単に取り外されてしまいます。

これを防ぐにはネジの頭を潰しドライバーを使えなくする手もありますが、
後で取りはずすとなった場合に面倒です。

ですので、締め付ける方向のみ回らないネジを使用しましょう。

網入りガラス

防犯性が高いと思われがちな網入りガラスですが、
割れにくいわけではなく、
割れたガラスが飛び散りにくいという特徴を持っています。

これは泥棒にとっては好都合でむしろ逆効果

網入りガラスは泥棒に入られやすい窓なのです。

耐火金庫

耐火金庫に貴重品を入れることで
時間稼ぎにはなるかもしれませんが、
泥棒から貴重品を守るにはやはり防盗金庫を使用しましょう。

耐火金庫はあくまで火から貴重品を守る為の金庫なのです。

狙われやすい家

●塀や樹木などで隠れる場所があり、表からの見通しが悪い

●2階のバルコニーや窓へ上がる足場がある(雨どい、カーポート、塀)

●見通しの悪い位置に勝手口がある

●夜間 外灯が少なく、家のまわりに暗がりができる

●ピッキングしやすい鍵が玄関に付いている

●面格子のない小窓がある

●窓にクレセント錠だけで鍵が付いておらず、窓破りが容易そう

泥棒が目をつけるポイント

警視庁が行った「空き巣狙い」被疑者への調査によると、
犯罪者が目をつけるポイントは

留守かどうか

入りやすく逃げやすいか

隣近所からの見通しはどうか(人目につかないか)

空き巣狙いの行動

●事前に綿密な下見をしている

人目に付かない窓を探す

●掃き出し窓を狙う

留守の確認はインターホンで行う

●ドライバーやバールを携行する

泥棒が犯行をあきらめるとき

犬

●侵入に5分以上かかると約7割
10分以上かかると約9割あきらめる

●近所の人に声をかけられたり、ジロジロ見られた

●補助錠がついていた

●犬を飼っていた

防犯センサーがある

●指定日以外にゴミを出していない
(指定日以外にゴミ出しを許さない地域は
住民の連帯意識が高いため避ける
)

●庭に砂利が敷いてある(音がするから避ける)

●庭が土である(足跡が残るから避ける)

泥棒の心理を読み解く

泥棒が犯行において完全犯罪を願っているのはいうまでもないことです。

泥棒の完全犯罪遂行のためのポイント

人目につかずに犯行できるか、捕まらないか。
簡単に侵入できるか。
確実に儲けることができるか
諦める理由

泥棒が犯行をやめた理由は警視庁が実施した「捕まえた泥棒意識調査」によると、

犯行を諦めるのは、侵入のための所用時間が、

5分以内(58%)
5分以上10分以内(20%)
10分以上15分以内(13%)
という結果でした。

泥棒が侵入所用時間を非常に気にするのは、侵入するまでの間に誰かに見つかることを恐れるからです。そのために綿密な「下見」を実施し、「侵入しやすい建物」「見つからない建物」を狙って侵入するのです。補助錠やピッキングに強い錠前などは侵入するのに所用時間がかかるため(その分見つかる可能性が高くなるので)プロの泥棒は避けるのです。

 又、防犯ベルに対する泥棒の意識は、

非常に気になり避ける(87%)
やや気になり場合によっては避ける(11%)
セットを外して侵入する(2%)
となっている。泥棒が答えた「被害に遭わないための秘訣」にも、防犯テレビカメラ、防犯センサー、ベルの設置が最も多く挙げられています。

逮捕者への調査結果

建物の外で気づかせることが大切

せっかく泥棒が避けるという防犯システムを取り付けても、建物の中に入らないと防犯システムを設置していることに気づかないのでは効果が少ない。特に、非常な緊張状態の中で犯行を実行している泥棒にとって突然家人と建物内で鉢合わせという事態は、最も恐ろしい「居直り」による強盗の危険性が高い状況です。なんとしても避けなければなりません。

そのためにも建物の中に入られる前に、「防犯システムが設置されている」ことを明確に泥棒に提示し、狙う対象から外させることこそが最も大切です。

これは泥棒にとっては最も効果のある「威嚇」です。突然サイレンやベルが鳴る、ライトがつくというのは、誰かが自分の侵入に気づいたことです。周りの人に顔を見られる可能性が非常に高いため、泥棒は最も嫌うのです。泥棒が建物の中に侵入する前に撃退することができます。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook