防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEセキュリティハウスのあゆみ > ストアセキュリティシステム「ファザーズ」1985年~
セキュリティハウスのあゆみ

ストアセキュリティシステム「ファザーズ」1985年~

現在のセキュリティハウスはシステムの総称として「自主機械警備システム」を使用しています。
設立当時は、業種別にホームセキュリティシステム「マザーズ」、ストアセキュリティシステム「ファザーズ」という名称で展開していました。
「マザーズ」のネーミングに関しては前回ご紹介しました。
当時の企画書から抜粋すると
一般家庭の平和を願い、家族の健康を第一と祈り、子供を身をもって守る姿勢が「母親の愛」であり、そのような「愛情」を基本に家族・財産を守るために特別に設計されたシステムをエレクトロニクスの技術で表現したのが「マザーズ」である。
とあります。

これに対して、ストアセキュリティシステムの総称をどうするか?というところで社内で打ち合わせして決定したのが
「ファザーズ」です。文字通り「お父さんが働く場所を守る」というところからきています。
当時はまだまだ職場=男性の働く場所というイメージだったのでしょうね。

ストアセキュリティシステム「ファザーズ」として我々が考えたのが「職場の安全が脅かされたら信用にもかかわる」ということでした。店舗にとって最も大切なの物は「信用」ではないかと考えたのです。
「信用」を守る・・のれんという表現も入れて、犯罪者から信用を守る「ファザーズ」を提案しています。
まだまだ盗まれるものは、現金が中心。パソコンなどはありませんから、レジの中の現金。商品や什器備品は盗まれることもですが、侵入した犯罪者にいたずらされたり、何か中に入れられる・・といった被害を防ぐことも目的でした。
どちらにしても、「泥棒に侵入させない」「犯罪者を作らない」という「オーナーが自分の店舗を自分で守る機械警備」というコンセプトで展開していました。
また、今現在打ち出している「超防犯」の考え方・・店舗経営の合理化を図る・・といったことも既にPRしているのも興味深いです。

「安全」が店舗にとって繁栄の鍵(のれん)。

顧客や店舗、商品の安全を守らなければ店舗の信用はありません。
セキュリティハウスが提案するストアセキュリティシステム「ファザーズ」は店舗・商品の安全、労務管理。経営の合理化にいたるまで店舗が繁栄するための画期的なシステムです。
これからの店舗経営にとって、大切なことは、いかにして顧客や店舗経営の合理化を図るかということです。

店舗の安全管理経営に差をつけるストアセキュリティシステム「ファザーズ」

繁栄の5つの鍵

1. 防犯・防災(火災・ガス漏れ)機能

2. 来客報知機能

3. 店内監視機能

4. 店舗経営の合理化(省エネ・設備管理)

5. 店舗の信用、イメージアップ

もし、こういう心配をおもちなら
もし、こういうことでお困りなら

① 夜間無人化になる店舗の防災、防犯。(万が一発生した時に、最小の被害で押さえるために)

② 24時間営業店舗における異常発生や店舗管理。(従業員が安心して働ける労働環境の整備を・・・)

③ 店内商品に対するイタズラ、万引き。(お店の信用を守ります)

④ 冷凍機等、設備の異常や停電、漏水。

⑤ 現在、導入されている警備システムに対するコストや質の問題。

⑥ 店に出ている時、住居部分が空っぽ。

⑦ 来客を、家の中にいて知りたい。

賢い店舗管理法を教えます。

javascript:toggleItem("drawer9");
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook