防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。

虐待

虐待から守るために

明るみに出てきた「虐待」の実態

家庭における子供の虐待はもちろんのこと、高齢者や障害者への虐待が年々増加しています。

加害者は家族や親族などの養護者だけでなく、福祉施設の職員が入居者を虐待するケースもあり、深刻化しています。

厚労省の調査では、高齢者福祉施設の従業員による入居者への虐待は、2010年度から2011年度にかけて約57%も増加しています。また「障害者虐待防止法」が施行された2012年10月以降は、障害者虐待の通報が義務づけられたことにより、それまで埋もれていた施設職員による利用者への暴行が次々と明らかになり、刑事事件に発展したケースもあります。
福祉施設の職員が、本来守るべき高齢者や障害者に殴る・蹴る・暴言を浴びせる等の虐待行為をしていた事実が報じられると、施設は信頼を失って経営が困難になり、他の入居者の生活まで脅かすことになります。

カメラを設置し、虐待を抑止する

施設であれ在宅であれ、虐待は常に見えないところで行われており、虐待されている本人は被害を訴え難い状況に置かれています。

そのため虐待されている可能性がある家族や施設入居者の部屋に防犯カメラを設置し、「見られている」環境を作ることで、虐待抑止の効果が期待できます。もちろんプライバシーを配慮した設置が求められます。

この防犯カメラと遠隔監視システムi-NEXTを連動させれば、家族や施設経営者はいつでも本人および周囲の様子を確認することができます。こまめに確認できないときも、デジタルレコーダーに録画をしておけばその日の様子をチェックできます。

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook