防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介新聞 > 日経新聞2017.7.12「住まいナビ」子供の安全守る警備システム進化
メディア紹介

日経新聞2017.7.12「住まいナビ」子供の安全守る警備システム進化

夏休みは共働きで家を留守にする親にとって、子供の見の安全が心配になる。こうした親たちから支持されているのが、自宅を警備してくれるサービスだ。警備員が駆け付けたり、大音量で警報音が鳴り響く装置があったり、サービス内容は様々。スマートフォンを使った機能も登場している。家庭の事情に合わせて、サービスを選んでみよう。
 セキュリティハウス・センター(京都市)は警備システム商品「NEXT]を扱う。モデル販売価格は警報音を発する筒状の装置(幅185㎝、高さ50㎝)とセンサーなどを含め50万~60万円。初期費用としては割高に見えるが、警備システムの毎月の利用料金を基に計算すれば、数年で回収できるという。不審者を検知すると契約者にメールで異常を知らせるほか、電話での問い合わせにも応える。
 通信技術の進展もあって警備サービスはきめ細かな対応が可能になってきた。家庭の事情に合わせたサービスをもう一度調べてみるのも良いかもしれない。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook