防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報2013~ > 防犯機器で寺の未来を守る 中外日報(2015年10月30日) セキュリティハウスSE
メディア紹介

防犯機器で寺の未来を守る 中外日報(2015年10月30日) セキュリティハウスSE

防犯機器で「寺の未来」守る


東京都大田区にある日蓮宗養源寺は、大本山池上本門寺の塔頭寺院の一つ。出雲・母里藩の初代藩主、松平隆政の母(養源院殿妙荘日長大姉)の発願により、江戸初期の1648(慶安元)年に開かれた。開山は、池上本門寺の十八世、日輝聖人が迎えられた。

以降、池上本門寺歴代住職の隠居所とされたほか、8代将軍・徳川吉宗の鷹狩りの際、二度にわたって御膳所とされたと伝えられる。現在は、恵比寿さんを祀ることから「池上七福神」の一つとして親しまれている。

同寺では、犯罪を未然に防ぐ対策を取ることは「未来の防犯」につながるとの考えに立ち、約10年前からセキュリティー機器を活用している。

特に、目が届きにくい場所の防犯強化を最優先し、火災報知器やセンサー、防犯カメラなどを設置。同寺は、「侵入させない環境を作ることは、寺の現在の安全を確保するためだけでなく、寺の未来を守るためにも必要だろう」としている。

養源寺の防犯システムは、セキュリティハウスSE(東京都港区、三宅勇雄社長∥総合防犯設備士)が手掛けた。同社は京都市山科区のセキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器専門の販売ネットワーク136社の一社。

問い合わせは、セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」∥電話075(584)6600∥まで。
セキュリティハウスSE

株式会社スパックエキスプレス
〒105-0004
東京都港区新橋5-7-1 久松ビル1F
03-3435-0999
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook