防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報2013~ > 離れて職場を「見守る」 高松商品展示会 中外日報2018.5.30
展示会情報

離れて職場を「見守る」 高松商品展示会 中外日報2018.5.30

寺社に防犯機器やシステムの納入実績があるセキュリティハウスは16日、高松市の香川産業頭脳化センターで最新のセキュリティー機器やシステムなどを紹介する「防犯商品展示会」を開いた。

商品展示やデモンストレーションと共にセミナーを催し、政府が進める「働き方改革」を念頭に、職場環境の改善につながる同社の自主機械警備システムと遠隔確認の「i―NEXT」の活用法を紹介した。

同システムは、離れた場所から防犯カメラの映像が確認でき、威嚇・撃退のために音声を発することもできる。この機能を活用し、経営者が職場を離れていても、仕事の進捗状況や、システムの施錠・開錠から従業員の出退勤を確認。退社の促しなどの声がけがリアルタイムで行えるという。防犯システムを活用しているため、従業員の抵抗感も少なく、モチベーションを維持することができるという。

展示会実施の主体となったのは、高松市のセキュリティハウス香川とセキュリティハウス高松。香川の有吉徳洋社長(総合防犯設備士)は「『監視』ではなく、『見守る』というスタンスで、職場の環境整備のお手伝いができればとご提案しています。遠隔マネージメントは、神社仏閣にも対応できると考えています」と話していた。

セキュリティハウス香川と高松は、セキュリティハウス・センター(京都市山科区)が全国展開する防犯機器専門ネットワークに加盟。ネットワークには現在、全国の138社が参加している。

問い合わせはセキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」∥電話075(584)6600∥まで。

(写真)
社会保険労務士らを講師に開いたセミナー
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook