防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報 > 2009.11.02 中外日報 『寺社の防犯再点検 緊急要する仏像盗対策(8)』セキュリティハウス名阪
メディア紹介

2009.11.02 中外日報 『寺社の防犯再点検 緊急要する仏像盗対策(8)』セキュリティハウス名阪

緊急要する仏像盗対策

中外日報(平成21年10月31日)「寺社の防犯再点検 (8)」(弊社提供連載)

”狙わせない”

中外日報(平成21年10月31日)

滋賀県甲賀市の西香院。今年7月に防犯システムを設置したばかり緊急要する仏像盗対策

今月初め、福岡市内の寺院から、重文指定の坐像が盗まれた。仏像盗難が相次ぎ、各地の寺院が防犯対策に本腰を入れ始めた矢先の出来事。被害に遭った寺院関係者の悲痛な思いもさることながら、仏像盗が一向になくならない現実と、対応にの緊急性を要している現状とを、あらためて痛感せざるを得ない。

こうした中、今年の7月下旬に防犯システムを導入したばかりというのが、滋賀県甲賀市の浄土宗西香院。天平年間に行基菩薩(668~748)が開いたと伝わる滋賀県南部の古刹だ。

実は、西香院ではその前月、秘仏を含む三体の尊像が何者かに持ち去られている。多発する仏像盗難を受け、防犯機器の設置を検討していたさなかの被害だった。

この時に盗まれた秘仏・十一面観音像と不動明王像、毘沙門天像は、いまだ帰山を果たしていない。

被害後、直ちに導入したのは、外周警備がメーンの防犯システム。赤外線センサーと防犯カメラを中心として、不審者を本堂に近づかせないようにするのが狙いだ。「侵入されてからでは手遅れ」という住職の強い思いを踏まえて、〝狙わせない〟ための抑止効果を重視した。

一方、設置した防犯システムは、気持よく参拝できるような環境づくりにも活用している。防犯システムのセット・解除や監視画像の確認は庫裡などで一括して行なえ、日常の使い勝手もいい。

西香院の防犯システムは、奈良市のセキュリティハウス名阪が設計・施工。同社は、昭和60年の創業で、㈱セキュリティハウス・センターの全国ネットワークには平成5年に加盟。神社仏閣が多い奈良県や三重県、滋賀県を中心に、安全と安心をサポートする〝守護神〟を目指す。

セキュリティハウスのネットワークには現在、133社が参加しており、これまで延べ1,100件を超す寺社に防犯システムを納入している。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook