防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報 > 2009.10.01 中外日報 『寺社の防犯再点検 後を絶たぬ犯行(7)』セキュリティハウス中部特機
メディア紹介

2009.10.01 中外日報 『寺社の防犯再点検 後を絶たぬ犯行(7)』セキュリティハウス中部特機

後を絶たぬ犯行

中外日報(平成21年10月1日)「寺社の防犯再点検 (7)」(弊社提供連載)

深夜にも万全の防犯

中外日報(平成21年10月1日)

近年、体感治安の悪化が指摘され続ける中、寺社を狙う悪質な犯行も後を絶たない。社会問題化しつつある仏像盗、賽銭泥棒、落書き、そして放火-。こうした被害を未然に防ぐには、不審者の侵入を断固阻止する手だてが欠かせず、防犯機器の導入が有効な対策として普及し始めている。

石川県小松市吉竹町の幡生神社は、賽銭泥棒が連続して発生したのを受け、防犯カメラの設置を決めた。

被害に遭った時間帯がいずれも深夜だったことから、暗闇での撮影も可能な〝デイナイト機能〟付きカメラを採用。夜間の映像は白黒になるが、境内や賽銭箱周辺の様子をはっきり確認できるようにした。

加えて、カメラの映像を記録する録画装置は、大容量のハードディスクタイプを選んだ。一週間分以上の記録に対応し、万が一の事態には、必要な映像をDVDやUSBメモリーに書き出すことも可能。今年六月の設置以降、賽銭泥棒は発生しておらず、宮司や氏子らもほっと胸をなで下ろしている。

幡生神社の防犯システムは、同市矢田野町のセキュリティハウス中部特機(中橋勝美社長)が設計・施工した。㈱セキュリティハウス・センターの全国ネットには平成十五年の加盟。美観に配慮した施工技術の確立や、最新防犯システムの構築を通じ、石川県内を中心に安全な地域づくりを目指している。

セキュリティハウスのネットワークには現在、百二十六社が加盟。地元密着と〝侵入させない環境づくり〟をモットーに掲げ、これまでに延べ千百件を超す寺社に防犯システムを納入している。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook