防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介新聞 > かぎ受け渡し無人で安全 セキュリティハウスがビル管理1988.6.22日経産業新聞
メディア紹介

かぎ受け渡し無人で安全 セキュリティハウスがビル管理1988.6.22日経産業新聞

磁気カード・暗証番号併用のビル総合管理。セキュリティ・キー・コントロールシステム

磁気カード・暗証番号併用のビル総合管理。セキュリティ・キー・コントロールシステム 

 セキュリティシステム開発のセキュリティハウス・センター(本社大阪市北区 社長岡崎友亮氏)は、テナントビルなどを対象とした総合ビル管理システム「セキュリティ・キー・コントロールシステム」を開発した。かぎの受け渡しを無人化するとともに、エレベータ、照明、空調設備などの電源を自動制御する。時間に拘束されないビル運営が可能で、管理コストの低減にも結び付くという。
 このシステムは施設利用者がカードをカードリーダーに入れ、暗証番号を入力すると、かぎ収納ボックスのふたが開く。従来の磁気カードだけのキー保管システムと違って、暗証番号を併用することにより安全性を高めた。
 また保管しているかぎを取り出すと照明、空調など各室の設備機器の電源が入り、同時に侵入警報センサーも解除される。逆にかぎ収納ボックスを閉じると、すべてがOFFの状態になる仕組み。
 施設利用者の使用状況などを随時記録し、プリントアウトできることから、不正操作の早期発見、管理業務の軽減に役立つ。
 

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook