防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介雑誌 > 世界初!iPadでトータルセキュリティシステム構築 2010.11警備評論
メディア紹介

世界初!iPadでトータルセキュリティシステム構築 2010.11警備評論

遠隔からカメラリモート、セキュリティシステム制御等をワンタップで実現

 竹中エンジニアリングの販売会社で、日本で最大の防犯システム専門ネットワークの本部であるセキュリティハウス・センター(本社 京都・原 潔社長)は、iPadを活用したトータルセキュリティシステム「i-NEXT」の発売を開始した。
 このシステムは、iPadを活用して遠隔地の自主機械警備システムの遠隔操作、カメラ画像遠隔監視、設備の遠隔制御を行うトータルセキュリティシステムである。
 主な特長は次のとおり。
● カメラ画像遠隔監視(カメラリモート)
 画面右にあるボタンをワンタップするだけで、瞬時に見たい画面・場所を見ることやズームイン(アップ)などができる。
 遠隔地に設置したネットワークカメラ及びアナログカメラのリアルタイムの動画を押しボタンのワンタップで見ることができ、出先などの場所を選ばずに驚くほど鮮明な画像で状況を確認できる。
 iPadの画面で8台切り替えることができ、画面を変えていけば無限大に接続可能。アナログカメラはネットワークカメラサーバーを介して接続することができる。
 プリセット機能付きネットワークカメラの場合には、最大20か所のプリセットポイント(予め設定した撮影ポイント)をボタンに名称を入れ登録でき、ッ見たいプリセットポイント名のボタンをワンタップするだけで瞬時にズームアップした画面を見ることができる。プリセットカメラを前後左右や360度回転させるボタンも容易されているので操作性が飛躍的にアップした。
 ライブ映像を見ながら記録が必要な時には、簡単な操作で写真が残せ、そのままメール送信もできる。ワンボタンで別の拠点の映像に切り替えることができ、多拠点一括集中管理が可能になっている。また、長時間つながっていても定額以上の追加料金はかからない。
● 設備の遠隔制御(テレコントロール)
 iPadのボタンを押すことで、離れた場所の設備のコントロールができる。照明のON/OFF、電気錠開錠、自動門扉の開閉、各種制御機器(例:換気扇、モーター、水車)のON/OFFが可能。
● 自主機械警備システムの遠隔制御
 セキュリティハウスが販売する侵入警戒システム(自主機械警備システム)は、セキュリティ機器の設備管理をサーバーで行っている。iPadを活用して、自主機械警備システムの運用状況の確認、警戒ON/OFF、遠隔履歴確認、通報先メールアドレス管理、音声通報先電話番号管理、セキュリティ制御用フェリカカードの削除を行うことが可能。
● 高い操作性、セキュリティ性
 i-NEXTは、誰でも簡単に操作できることを最優先としている。ほとんどの操作はボタンをワンタップするだけで約40のコントロールが可能。個人情報についても最新技術HTML5を使い、運用するiPad以外からは操作できないプログラムになっているため、高いセキュリティ性を持ち合わせている。今後、出入管理などを考えられる様々なアップデートを検討している。
 「i-NEXT」は、セキュリティハウス加盟企業の全国セキュリティハウス133社で発売中。同グループは札幌から沖縄まで防犯システム専門企業ネットワーク集団。侵入警戒システム、カメラシステム、出入管理システムなどのシステム設計・施工・メンテナンスを一貫責任体制で実施しいている。
● 問い合わせは次のところ
セキュリティハウス・センター ネットワーク運営本部
京都市山科区西野離宮町16-1
広報企画課 植村 光代
075-584-6600
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook