防犯対策・防犯システム・遠隔監視のことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報2013~ > 犯罪者の心理に基づき抑止 2017.1.25中外日報
メディア紹介

犯罪者の心理に基づき抑止 2017.1.25中外日報

寺社に侵入し、盗難・放火・損壊などを企てようとする者は日々その機会をうかがっている。今回は「セキュリティハウス・センター」運営本部で防犯システムの構築に携わる植村光代さん(総合防犯設備士)に、防犯システム導入に関するポイントを聞いた。同社は日本最大級の防犯・防災のプロ集団のネットワークを運営する。

侵入を企てようとする者は犯罪行為を「安全」かつ「容易」にするため、日常的に下見することが多いという。植村さんは「『見せる防犯』によって、侵入を諦めさせることが重要です」と話す。

外周警備用の赤外線センサーや防犯カメラは基本的に、拝観者が気にならないよう「隠蔽配線」をして目立ちにくく設置されるが、下見をする犯罪者にとっては脅威の存在として目につく。犯罪者は人目についたり、自身の犯罪行為を記録されることを嫌がるため、警戒システムや防犯カメラの存在により抑止効果が働くという。

実際に侵入しようとする者に対しては、威嚇・撃退のシステムが必要となる。同センターが推奨する「自主機械警備システム」では、防犯カメラ、センサーなど各種防犯機器を連動させ、侵入を検知すると同時に不審者を光と音などを用いて威嚇、退出させる。

植村さんは「逮捕者を調査した警視庁の資料によると、犯罪防止4原則である目・音・光・時間を犯罪者は嫌がります。具体的には、犯行時間が5分以上かかることを嫌がり、光と音にも敏感です。音と光で威嚇することで被害を最小に抑えることができます」と自主機械警備システムの有効性を語る。

同社のネットワークには現在、北海道から沖縄の138社が参加し、公共施設や一般企業、寺社向けに防犯システムを提案・納入している。

問い合わせは同センター「SHネットワーク運営本部」∥075(584)6600∥まで。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook