防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME防犯のプロ達 > 植村 光代
防犯のプロ達

植村 光代

氏名

植村 光代

資格

総合防犯設備士
保険代理店募集人

職務

全国のセキュリティハウス・ネットワーク加盟企業に対する販売促進の企画運営、セキュリティハウス総会・経営者幹部懇談会、売れるしくみ作り懇談会などイベント企画、販売促進用ツール製作、ホームページ製作・運営、法務・コンプライアンス、i-NEXT商品企画

セキュリティハウス・ネットワークに対する思い

昭和56年大学を卒業して防犯機器製造メーカーである竹中エンジニアリング株式会社の営業部に入社しました。

その後拡大するホームセキュリティ市場に対応するため、同社が販売施工会社のネットワーク展開開始の準備を始めた時からその業務に携わり、昭和59年1月より株式会社セキュリティハウス・センターの企画としてセキュリティハウス・ネットワーク展開を行う仕事にずっと従事しています。  

 

企業の平均寿命は30年といった声も聞きますが、弊社はネットワーク展開を開始した時の多くの企業と現在もまだお取引をさせていただいています。其々の会社社長はもちろんのこと、最近では後継者であるジュニアが入社し、社長に就任されてきています。そうした加盟企業の社長はもちろんのこと社員・スタッフの方とも長く親しくさせていただいていることはこの仕事の一番楽しい部分であり、誇りです。  

 

ネットワーク展開を開始した頃、当時の社長に言われた言葉があります。

「高島屋の包み紙のように、信頼ののれんを作れ」ということです。京都では高島屋の包み紙の贈答品はいい商品、というイメージがあります。それが「老舗のブランド力」だと思います。「さすがセキュリティハウス」と言われるようにというのが設立の時からずっとの目標です。

 

「防犯」というのは信頼を揺るがすちょっとした行為があっても今まで築いてきた信頼を根底から失ってしまいます。ですので、売り方重視。品格重視。売った後の保守重視。

売れればいい、といった考えを持たれている会社とは取引をしたくない。そういう部分には営業に対しても厳しく指摘します。同じ「セキュリティハウス」という屋号を使って毎日頑張っている仲間のためにも許すわけにはいかない、という思いからです。

又「セキュリティハウス」という屋号を名乗っていただく以上「防犯のプロ」でないといけない、という熱い思いがあり、研修用のマニュアル作成や各種研修会の充実を行ってきました。

「防犯のプロである」ということに拘り、まだ新人であった設立当初に元京都府警の刑事より泥棒の手口や心理を徹底的に学びました。

そうした研究から「泥棒の嫌いな環境を作る」、抑止力重視の自主機械警備システムのコンセプトが生まれました。自主機械警備システムのコンセプトは、加盟いただいている多くのセキュリティハウス様と一緒に作成し、育ててきたものです。

貴方にとって「防犯のプロフェッショナル」とは?

顧客にとって最適な「安全のある安心、快適のある安心」を提案・提供できる人。
そのためには最新の犯罪知識、企業のリスクやニーズの知識、コンサルタント力が必要。

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook