防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。

放火対策

炎は、物・財産だけでなく、人の命も奪います。

小さな炎もご用心

火災は、置いてあった物や家具、財産を燃やしてしまうだけでなく、人の命をも奪われてしまいます。

 

火事になった時は、消防に通報し、消火器を使い消火をする、姿勢を屈め、速やかに避難をする・・・わかっていても、突然やってきた時に全員が確実に実行するというのは、難しいかもしれません。

 

そんな被害を未然に防ぐためには、火気厳禁場所で発生した小さな火をすぐに感知できる「炎センサー」の設置をお奨めします。

 

火災の被害に遭わないを環境を作るには、早期発見し初期対応する事が重要なのです。

 

放火されない環境づくり

建物外部に燃えやすいもの(新聞紙・段ボール箱・雑誌等)を放置しない。

 

敷地内に自由に入れないようにする。

 

夜間には防犯灯を設置するなど、一定以上の明るさを保つ

 

コードをまとめたり、たこ足配線をしない。配線周りの掃除はこまめにする。

 

ストーブの周りで洗濯物や布団、カーテンなどを近づけない。

 

 →火災・放火対策についての詳細はこちら

防犯システム機器で「未然に防ぐ」

放火、不審者を防ぐために「侵入検知」システムを導入する

赤外線センサー

 

外周警備システムで敷地内へ侵入された場合に

赤外線センサーフェンスセンサーなどで不審者の

侵入を即検知し、大音量の「音や光」で威嚇撃退、

同時にあらかじめ設定していた通報先(最大5箇所)へ

メールを送信します。

 

さらに、 人感スピーカーを設置し、「音による警告」を行うことも効果があります。

 

これらの機器を組み合わせ、フル活用できる

自主機械警備システムNEXT をお奨め致します。

早期発見のために「炎センサー」の設置を

放火を早期発見・初期対応するためには、 炎センサーがお勧めです。

10m先で7cmの炎を検知し音声メッセージで警告したり、関係者に通報します。5ヶ国語にて警告する商品もあります。

遠隔監視システムi-NEXTと連動すると、どこにいても現状をiPadやiPhoneでリアルタイムの動画と音声で確認できます。

工場・倉庫の放火・火災に対しては炎センサーとカメラシステムが威力を発揮します。
炎センサーの検­知と同時にカメラシステムが連動。リアルタイムな映像確認で即時の対応・消化活動にか­かれます。

神社仏閣の放火・喫煙対策に炎センサー.
10m先の炎を検知して知らせます。

炎センサー(FS-3500)

炎センサー(FS-3500)

 

日本語/英語/中国語/韓国語/スペイン語の5ヶ国語メッセージを搭載しています。

メッセージは「禁煙報知」、「火気厳禁報知」から選択でき、警報音の設定も可能です。

炎センサー(FS-6000)

炎センサー(FS-6000)

 

設置場所の紫外線環境を音と表示灯でモニターします。

これにより、周囲の紫外線源(誤動作要因)の強さをチェックでき、設置時や動作不安定時の確認が容易にできます。

けむり当番

けむり当番(SH28413)

 

火災による煙を迅速にとらえ、ピーッという警報音でお知らせします。

 

その他の炎センサー

一覧はコチラ≫

 

 

炎センサーの効果を動画でご覧ください。

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook