防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME最新の犯罪事情寺社仏閣 > 寺社仏閣
最新の犯罪事情

寺社仏閣

大切な御神体、仏像の盗難、文化財の焼失、盗難から防ぐ

寺社仏閣

文化財・重要文化財に指定されている

御神体や仏像などは、 被害に遭ってしまうと、例え再建をしても

年月を経た風格と歴史を取り戻すことはできません。

 

寺社仏閣では、昼間は観光客・参拝客がいるため

容易に侵入し、下見を行えるのです。

夜間照明が少ないことや、樹木に囲まれていて

外部からの見通しが悪いことが侵入者にとって好都合なのです。

しかも、無住の寺社であれば盗難発見が遅れることがあるので

犯行の行いやすい環境にあるのです。

犯罪事情

特に多い犯罪

・仏像・宝物、お賽銭、線香立てや金属物の盗難、

・破損や落書きなどのいたずら

・放火

盗難、すり替え工作

・滋賀県で文化財指定のない大日如来像など44体盗まれる。

 

・東京・奈良・広島などで、参拝客になりすまし、

 格子をのこぎりで切断するなどの方法で約60体の仏像窃盗。

 

・島田市尾川の「法隆寺」で観音堂にあった市指定文化財の

 「千手観音立像」が 金色に塗られた木製の仏像にすり替えられた。

 約2週間のうちに3度転売され、約500キロ程離れた京都府の収集家の手に渡っていた。

 

仏像などは、物の状態が良ければ1体5~10万円程で取引をされることがあるのです。

海外で古美術として販売されるケースも多くあります。

 

意外にも、重要文化財よりも、その指定を受けていないものの方が狙われやすいのです。

それは、盗まれても気づかれにくいことと、

世間にあまり知られていないので転売しやすいからなのです。

全ての物を写真を撮り、特徴などを記録し、盗難されても すぐに手配ができるようにしておくことが大切です。

放火被害

・平成12年 京都大原寂光院 本堂全焼。

 堂内の重要文化財「木造地蔵菩薩立像」も焼失。

 現在は新しく建立されて、新しい地蔵菩薩立像が安置されている。

・・・この放火は、平成19年に犯人を特定できず、時効となっています。

 

寺社仏閣は、木造建築なので、火の手が早く回ってしまうこと、

近隣に住居がないことから、気づいたときには既に炎が燃え広がり

取り返しのつかないことになっていた。ということになってしまいます。

特に段ボールや古新聞を貯めてある場所や、絵馬、古札収納所などは

放火されやすい場所とされていますので、注意が必要です。

お問い合わせフォーム

寺社仏閣の防犯対策

寺社仏閣

名高い仏像やご神体はもちろん、重要文化財などに指定されていない仏像やご神体にも注意が必要です。
詳細はこちら

寺社仏閣の防犯システム

センサー付きカプセルカメラ

センサー付きカプセルカメラ(PVC-451)

高画質カプセルカメラにパッシブセンサーを搭載。1台2役のセンサー内蔵カメラでしっかり監視。
詳細はこちら

屋外用デイナイトカプセルカメラ

屋外用デイナイトカプセルカメラ(VOC-880)

赤外線照明搭載、高感度デイナイトカプセルカメラ。屋外設置(IP66準拠)ができ昼夜を問わない映像監視を実現しています。
詳細はこちら

パンチルトデイナイトカメラ

パンチルトデイナイトカメラ(PTC-330)

パン・チルト・ズームカメラにデイナイト機能・プライバシーマスキング機能・パンフォーカスレンズを搭載
詳細はこちら

センサー付き暗視カプセルカメラ

センサー付き暗視カプセルカメラ(PVC-452)

高画質カプセルカメラに赤外線照明とパッシブセンサーを搭載。真っ暗闇でも映像とパッシブセンサーでしっかり監視。
詳細はこちら

寺社仏閣の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook