防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME最新の犯罪事情駐車場 > 駐車場の犯罪事情
最新の犯罪事情

駐車場の犯罪事情

駐車場

駐車場は、自動車を安全に駐車できる場所であるべきですが

実際には自動車盗難事故が多数発生しています

驚くべきことに、自動車盗難事故の57.7%が自宅、

あるいは契約している駐車場内で盗難にあっているのです。

 

夜間になると真っ暗になってしまう駐車場も多く、

犯人にとっては絶好の場所となってしまいがちです。

できるだけ夜間でも明るく、外部から見通しがよい駐車場を

選んで駐車しておくようにしましょう

車上荒らし

自動車盗難だけでなく、駐車場内で気をつけておかないといけない被害に車上荒らしがあります。

カーナビが奪われるケースが多く、車上荒らし被害の33.2%でカーナビが盗まれています

特に高級なカーナビ(20万円以上)が狙われることが多いので、対策が必要です。

 

駐車場に車を停車している場合はもちろん、ちょっとだけ車を離れるという場合でも

きちんと鍵を閉める習慣をつけるようにしましょう

ファミリーレストランなどで食事を楽しんでいる間に

鍵をこじ開けて車上荒らしにあうケースも多発しています。

店内から死角にならないような場所へ車を停めるよう心がけることも大切です。

犯行の特徴

自動車盗難事件が多く発生しているのは、コンテナを積むために使用する

ヤードという施設が多く存在する地域です。

また、海外で人気がある車種への被害が集中していることなどから、

組織的な窃盗団が自動車を盗難し、解体して

海外へ不正に輸出をおこなっているということがわかってきました。

 

窓を割ってから自動車を盗難するといった原始的な方法ではなく、

ピッキングや不正合鍵の作製、ワイヤレスキーの不正開錠(赤外線や電波を使用)など

手口が年々巧妙化しているのが特徴です。

事例

●交差点でわざと追突事故を起こし、ドライバーが話し合いをするために車を降りてきた隙に
 別の人間が車に乗り込み奪う。

●ドアの鍵穴を壊す。車内にあるコードをつないでエンジンをかけて盗む。

●中古車のオークション会場などでスペアキーを盗んでおく。同時に車台番号を控えておき、
 登録事項証明書を取得する。証明書から所有者を明らかにして盗む。

●レッカー車やクレーン車を使って車を盗む。

●家に侵入して車の鍵を入手してから車を盗む。

●シリンダーから合鍵をつくる。
お問い合わせフォーム

駐車場の防犯対策

駐車場

自動車盗難や車上荒らし被害の6割が、契約駐車場や自宅駐車場で発生しています。つまり、普段利用している駐車場で被害に遭うことが多いのです。
詳細はこちら

駐車場の防犯システム

センサー付きカプセルカメラ

センサー付きカプセルカメラ(PVC-451)

高画質カプセルカメラにパッシブセンサーを搭載。1台2役のセンサー内蔵カメラでしっかり監視。
詳細はこちら

シャッターセンサー(PR-S3SH)

シャッターセンサー(PR-S3)

アラームメモリー機能を搭載した赤外線式シャッターセンサー
詳細はこちら

センサーライト付きカメラ(PVL-662)

PVL-662

48万画素CCDとバリフォーカルレンズ搭載でセンサー・ライト・カメラ部個別調整で様々な設置状況に対応します。
詳細はこちら

ワイヤレス受信機

ワイヤレス受信機(RX-300A-S)

在室警戒と外出警戒の2つの警戒モード搭載の受信機。最大30台までの送信機を登録できます。
詳細はこちら

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook