防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME最新の犯罪事情老人福祉施設 > 老人福祉施設の犯罪事情
最新の犯罪事情

老人福祉施設の犯罪事情

老人福祉施設

日本全国の老人保健施設では、

入居者の現金や施設内の事務所に設置していた

金庫内の現金が盗まれるという事件が多発しています。

 

なぜ老人保健施設が狙われるのでしょうか。

理由のひとつとしては、老人ホームや病院などは

家族や見舞客が多く出入りするため、夜 不審者がうろついていたとしても

怪しまれることがほとんどないということがあげられます。

防犯意識が低いということも大きな原因で、

老人ホームには警備システムなどがほとんど設置されていないことを
犯行の理由にあげた犯人も少なくありません。

老人福祉施設を狙う理由

具体的にはどういった理由で犯人は老人福祉施設を狙っているのか。


●もし職員に見つかったとしても、簡単に言い訳をすることができる。

●老人ホームはたいてい出入口がガラス戸。防犯設備もあまり整っていないので夜中に狙いやすい。

●老人ホームは警戒が手薄だから、夜間に侵入しやすい。


上記はいずれも老人福祉施設へ侵入した窃盗犯の供述です。

入居者の部屋であったとしても、24時間誰でも自由に入れる場合が多いため、
入居者の私物や現金が盗難に遭ってしまう可能性も非常に高いということができます。

看護師・ヘルパーなどによる犯罪事例もあるため、貴重品管理は徹底するようにしましょう。

その他 理由として挙げられる点

廊下

●老人福祉施設には家族や見舞客などの出入りが激しいので、
その中に紛れ込んでしまえば不審者だと思われることがない。


●夜間、宿直室・ナースセンター以外、人がほとんどいない状況になる。

老人福祉施設という建物の構造からほとんどが事務所を1階にしているが、
金庫を設置している事務所内は無人になることが多い。

不審者が侵入したとしてもほぼ気付かれることはない。


●夜間は少人数体制でお年寄りのお世話をすることが多いので、
管理が手薄で犯行しやすい。


●泥棒被害への防犯対策が整っていないことが多い。


●入居者の部屋に出入りが自由なことが多いので簡単に入居者の現金や私物を盗むことができる。

お問い合わせフォーム

老人福祉施設の防犯対策

老人福祉施設

老人保健施設・障害者施設では、事務所内が荒らされたり、入居者の財布や所持品が奪われたりする事件が多く発生しています。2016年7月 障害者施設の元職員による夜間侵入・入居障害者19人の殺害といった悲惨な事件も発生しました。事務所スペースだけでなく入居者スペースの侵入防止対策が必要です。
詳細はこちら

老人福祉施設の防犯システム

屋外・屋内用パッシブセンサー

屋外・屋内用パッシブセンサー。トリプルミラー採用し、小動物による誤動作軽減。
詳細はこちら

パッシブセンサ送信機(TX-106)

パッシブセンサ送信機(TX-106)

防犯用センサ付の卓上型人感送信機です。
詳細はこちら

赤外線センサー(PB-15T)

赤外線センサー(PB-15T)

屋外・屋内への取付可能な2ビーム式赤外線センサー。ホームセキュリティなどの簡易使用にも最適
詳細はこちら

デイナイトカメラ

デイナイトカメラ(VSC-DN220)

最新のダブルスキャンCCDを搭載した高機能デイナイトカメラ登場!
詳細はこちら

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook