防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME最新の犯罪事情医療機関 > 医療機関の犯罪事情
最新の犯罪事情

医療機関の犯罪事情

医療機関

病気や怪我を治すために訪れる病院。

そういった場所でも犯罪は後を絶ちません。

近年では、病院などの医療機関で発生する犯罪が急増しています。

 

入院する人、見舞いに訪れる人、付添いの家族など

病院には昼夜問わず多くの人が出入りします。 

たとえ診療時間外などで正面の入口が閉まっていたとしても、

緊急出入口は開いていることが多いため、

誰でも時間を問わず自由に出入りすることが可能です。

 

白衣を着てマスクをしておけば、

病院関係者と見分けがつかなくなってしまうという特徴もあります。

盗難事件

パソコン

「出入りが自由で、警備が薄い」「早朝・深夜に出入りしても不審に思われることがない」

実際に病院で侵入盗難をはたらいた犯人の供述です。


夜間の事務所へこっそり侵入しノートパソコンなどを奪うことが多いようです。

パソコンには患者様のカルテ個人情報が入っているため、
単なるパソコンの盗難被害だけではなく個人情報漏洩被害にまで発展してしまいます。

十分 注意が必要です。

現金

入院患者が所持している現金、見舞金が盗まれてしまうケースも多々あります。

検査やリハビリなど入院していると何かとベッドから離れる時間が多いものです。

そんなとき、所持していた現金や頂いた見舞金を保管しておく場所がなかったため
盗まれてしまったという被害が続出しています。


たとえ大部屋に入院していたとしても、カーテンを閉めておけば中の様子を伺うことはできません。

家族になりすまして堂々と犯行をおかすことができるのです。

薬や注射針

注射器

薬や注射針。

こういったものは決して盗まれるようなことがあってはいけません

しかし、実際には病院・薬局における麻薬所在不明事件
年々 増加しているのです。


2004年度で約250件。

その後10年間で約4倍に事件が増加しています。

最近では向精神薬の盗難事件も多く、主に薬局から盗まれています。

管理不十分であったり、
内部の人間が持ち出したり
するケースもあります。

薬剤は、犯罪に利用されるケースが多いので大変 危険です。

厚生労働省は各医療機関に徹底した管理を呼びかけているものの、
なかなか被害が減らないのが現状です。

また、2016年に横浜で発生した「点滴への消毒液等異物混入による殺人事件」。点滴や薬の管理そのものをどれだけ厳重に行うのかが医療機関として問われることになりました。ナースステーションの机の上に置かれ夜間宿直の人数が少ない時間帯に行われた可能性が高く、薬剤庫やナースステーションへの入退室管理システムによる入室制限や入室者・時間の記録、防犯カメラによる映像録画が必要です。

その他 病院で起きる犯罪

連れ去り

新生児室で眠っている赤ちゃんを連れ去るという事件も多く発生しています。

病院から連れ去られてしまった赤ちゃんは命に危険が及ぶ場合もあります。

新生児室への出入りが自由な病院も多いですが、
連れ去られることのない十分な管理体制が必要です。

傷害事件

診察中

納得がいく治療を受けることができずに患者が逆恨みをした結果、
傷害事件
へ発展するケースもあります。

診察中である場合には医師だけでなく、
看護婦や他の患者さまも狙われてしまいます。

強盗事件

個人病院を狙う強盗事件が数多く発生しています。

診察時間が終了する間際はバタバタしてしまうため、どうしても隙が生じやすくなってしまいます。

その隙を狙った強盗事件がほとんどです。

診療時間終了間際は十分に注意しましょう。

お問い合わせフォーム

医療機関の防犯対策

医療機関

平成23年1年間で、病院が侵入窃盗被害に遭った件数は1,735件です。 病気や怪我を治療する安心な場所であってほしいものですが、実際そうはいかないようです。入院施設が設置されている病院では、「ベルなどが鳴ってしまうと、入院患者が驚いてしまう」、「人が大勢いるから安心だろう」と考え、防犯への意識が低いところが多く、防犯対策として鍵を閉める程度のことしかしていない場合も見受けられます。
詳細はこちら

医療機関の防犯システム

デジタルレコーダー(DVR-H803)

デジタルレコーダー(DVR-H803)

映像入出力8チャンネル。H.264デジタルレコーダーにDVDドライブユニット、カメラコントロール機能、ネットワーク機能、ミラーリング機能搭載。
詳細はこちら

ボックス付警報ベル(SHC-I002)

SHC-I002

侵入者への威嚇と同時に周囲に異常を知らせるセキュリティシステムに必須の装置です。
詳細はこちら

炎センサー(FS-3000)

炎センサー(FS-3000)

音声メッセージ付きで超高感度な炎センサー。災報知用だけでなく、禁煙、火気厳禁エリアでの警告用としても幅広くご使用いただけます。
詳細はこちら

マグネットスイッチ送信機(TXF-115L(B))

マグネットスイッチ送信機

本体内部にマグネットスイッチを内蔵した開閉センサー送信機です
詳細はこちら

医療機関の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook