防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME最新の犯罪事情宝石・貴金属店 > 宝石・貴金属店の犯罪事情
最新の犯罪事情

宝石・貴金属店の犯罪事情

宝石・貴金属店

外国人が犯人であることが多く、

いくつものグループが実行犯を変えながら

数名で分業して犯行を繰り返しています。

犯罪実例

●大阪市の百貨店で、同店8階にある美容室の窓ガラスが割られているのを
出勤してきた店員が気付いた。

連絡で駆け付けた警備員がショーケースの鍵がこじ開けられ、
ロレックスなどの高級腕時計約300個、約2億円相当が盗まれているのを発見。


●神奈川県のスーパーで、店内に設置してあるセンサーが侵入者を感知し、警備会社に自動通報した。

宝石売り場から約100点、300万円相当の貴金属類がなくなっていた。

犯人は店1階の出入り口のガラスを石でたたき割り侵入。

1階宝石売り場のショーウインドーも破壊し、陳列中のネックレス、ブレスレットなどを盗んでいた。

盗品の処理

●都内マンションで外国人グループが市価の2~3割で盗品を密かに売りさばく闇市場で現金化。

●外国人が空港などから本国へ盗品を輸出。

●インターネットのオークションで販売。

犯罪の特徴

●窓ガラスをバールやコンクリートブロックなどで割ったり、外壁に穴を開けたり、
盗難車を店舗のシャッターにぶつけたり天井に穴を開けるなど
建物を破壊して侵入することが多いです。


手口が非常に荒っぽく犯行時間が短い(約1~5分程度)ことが特徴です。

犯行時間が短いため、物音をたてて近隣住民に気づかれることをあまり恐れていません。


●地元の暴力団組員とアジア系の外国人が協力した組織的な「窃盗団」としての犯罪が多いです。


●ターゲットの宝石・貴金属店にはあらかじめ訪問して店内のレイアウトを確認し、
「どの階のどのあたりに貴金属店があるのか」や「どこに高額商品が置いてあるのか」を
下見の段階で把握してから犯行をおかしています。


●警備員または店員の見回り時には問題がなかった。

(巡回も把握している可能性がある。)

お問い合わせフォーム

宝石・貴金属店の防犯対策

宝石

警備会社と契約する、あるいは自主防犯システムを設置するなど多くの宝石・貴金属店が何らかの防犯対策を行っています。 しかし、短時間で犯行を終了させてしまう窃盗団に対して、あまり効果が発揮できない場合がほとんどです。
詳細はこちら

宝石・貴金属店の防犯システム

ネットワークコントローラ(WJ-700SH)

ネットワークコントローラ

配線不要のワイヤレス受信機能、多チャンネルコントローラ機能、自動通報機能を搭載。
詳細はこちら

ネットワークコントローラ(J-810SH)

最大10回路監視、通信連動機能、電気錠連動機能登載。テナント監視にも対応できる中~台規模物件向けのコントローラ
詳細はこちら

赤外線センサー(SHC-A120)

赤外線センサー(SHC-A120)

変調周波数切替機能を搭載した2段ビーム型赤外線センサー
詳細はこちら

警報ベル(SHC-I001/SHC-I001W)

SHC-l001

侵入者への威嚇と同時に周囲に異常を知らせます
詳細はこちら

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook