防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME最新の犯罪事情一戸建て > 一戸建て
最新の犯罪事情

一戸建て

最も窃盗被害に遭っているのは「一戸建て住宅」

平成23年度の侵入窃盗発生場所認知件数では、 一戸建て住宅は37.6%、次にマンションが20.0%、一般事務所が13.5%、商店は9.1%と続いていました。

平成27年には一戸建て住宅が41.5%、マンションが17.5%、一般事務所が12.9%、商店が7.5%、生活環境営業が8.3%となり、一戸建て住宅の比率が大きく増えています。

住宅における侵入窃盗の認知件数は一貫して減少し、検挙件数は平成27年に前年から増加したものの、総じて減少傾向にあります。これは一つには、「ホームセキュリティシステム」「防犯性能の高い錠前や住宅設備」の普及や平成14年以降「官民合同会議」等で官庁と民間とが一体となって取り組んだことが一定の効果をあげたということがいえます。 但し、未だに平成27年侵入窃盗認知件数は76,477件発生しており、一日209件もの被害が発生しています。(内、住宅発生が44,204件。一日121件)。 検挙率は57.2%と改善しているものの、10人に4人が捕まっていない、という状態であり、安心することはできません。

特に住宅の場合には、建物の中に侵入されると、財産はもちろん、家族の命も危険にさらされる可能性があります。 家族の命を守るためにも、建物の中に入れさせない防犯対策が非常に重要なのです。

侵入方法として最も多いのは「ガラス破り」

窃盗の種類には、

・留守中を狙う「空き巣」

・家人が寝ている間に侵入する「忍び込み」

・昼間、住人が目を離した隙に侵入する「居空き」

 の3種類があります。

 

 窓や扉のガラスを割って、

 そこから針金を入れて錠前を開ける手口です。

 熟練した泥棒であれば、ほぼ音を立てずに割る

 ことができるのです。

 

 「網ガラスは割れにくいから安全」、

 と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、

 火災で割れても破片が落ちず

 延焼を防ぐ効果があるだけで、 防犯には全く無意味です。

 

 格子をつけていても、ボルトとネジを簡単に

 取り外すことができてしまうので、安心はできません。

平成28年における住宅で発生した「忍込み」および「居空き」の認知件数について、発生場所・侵入口・侵入手段別にみると、住宅形態にかかわらず、「無締まりの表出入口」又は「窓」からの侵入が多いということがわかります。
「空き巣」の場合には、一戸建て住宅は61.9%が「窓」からの侵入で、その内、66.6%が「ガラスを破って」侵入していました。

「空き巣」「忍込み」「居空き」における「無締まり」の占める割合は上昇傾向にあり、特に「忍込み」「居空き」における平成28年の割合は夫々71.7%、80.3%ありました。

未だに多い「無施錠」

 トイレや、お風呂場の高窓、目立たないと思われる掃出し窓や腰高窓を

 換気のために常に開放しているというご家庭は非常に多いのですが

 たとえ高い階にある窓であっても、様々な方法で侵入してくるので

 不在にする際は必ず全ての窓に施錠をしましょう。

 

 また、すぐに戻るからといって鍵をかけずに出かけている間に侵入されたという事例は多いのです。

 家族構成、家族の毎日の行動などを確認し、ほんの数分でも家に誰もいなくなる時間を狙っているのです。

 どんなにセキュリティ機器を設置していても、無施錠では意味がありません。

 

 一度被害に遭ってしまうと、生活面でも、精神的にも辛い状態となります。

 ご自身とご家族の命、財産を守るためにも、常に防犯の意識を心がけること、

 防犯対策をしっかり行うことが大切です。

一戸建て住宅の防犯システム

建物の中に侵入させないためにどうするか? 犯罪者に狙われないためにどうするか? を具体的に説明しています。

「防犯意識」を持ち、できることから防犯対策をすることが重要です。

お問い合わせフォーム

一戸建ての防犯対策

日々の幸せな生活を守るためには、あらゆる危険を想定して、起こるかもしれない危機がいつどんなときに発生しても回避できるようにしておくことが大切です。一戸建て住宅においては、侵入窃盗以外にも火災、放火、強盗、急病、ストーカーといった危険・リスクがあります。それに対する対策を総合防犯設備士が解説します。
詳細はこちら

一戸建ての防犯システム

ペンダント防水型送信機(TX-110)

ペンダント防水型送信機(TX-110)

日常生活防水構造のペンダントタイプ送信機です。ボタンを軽く押すだけで送信できます。
詳細はこちら

ガラス破壊センサー(GS-1000)

ガラス破壊センサー(GS-1000)

シャープな検知性能!超音波集音式のガラス破壊センサー。窓などの板ガラスが破壊された時に発生する特有の超音波を高感度に検知し、リレー信号を出力する超音波集音式のセンサーです。
詳細はこちら

押ボタン防水型送信機(TXF-113E)

押ボタン防水型送信機(TXF-113E)

屋外や浴室でも使える日常生活防水構造の送信機です。
詳細はこちら

赤外線センサー(SHC-AX050)

赤外線センサー(PXB-50F)

進化した性能・施工性で、安心と信頼をつなぐ4段ハイパワービーム赤外線センサー
詳細はこちら

一戸建ての納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

セキュリティハウスのあゆみ
お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook