防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介新聞 > 2011.11.10 読売新聞『なっ解く「防犯対策を点検」』
メディア紹介

2011.11.10 読売新聞『なっ解く「防犯対策を点検」』

「施錠・音・光 泥棒が嫌う家に」

読売新聞(平成23年11月10日)「なっ解く」

防犯対策を点検

一人暮らしで怖いのは、空き巣。一人暮らしなら、家が無人となる時間が長かったり、家人と鉢合わせしても逃げやすいと思われたりして、窃盗犯に狙われる危険性が高まります。防犯のポイントを知っておきましょう。

京都市内の女性(82)は13年前に夫を亡くしてから一人暮らし。過去2回、空き巣に入られており、「戸締りには気を使っている」という。市民の防災相談にも応じている京都府防犯設備士協会(京都市山科区)副会長で、総合防犯設備士の資格を持つ友田彰夫さん(53)が、女性の家の防犯対策を点検した。
最初に指摘されたのは、塀のすぐ横に立つ電柱。手の届く高さに作業用のボルトが付いており、敷地に入るための足場にされる恐れがあるという。「電柱を管理する電力会社、電話会社に連絡して、取り外してもらった方がいいですよ」と友田さん。
また、玄関や裏手の風呂場の窓などは錠前が一つだけだった。「見える場所に2つ付けておくのが基本。泥棒が敬遠します」とアドバイス。女性は「開けられないように隠れたところに付けるのかと思っていたら、見せることで防犯効果があるんですね」と感心した様子で話した。
警察庁の調べによると、昨年一年間で住居に侵入した窃盗事件約7万5000件のうち、3割が一人暮らしの世帯に侵入していた。住宅の種類別では特に一戸建ての被害が目立つ。
最も多い侵入経路は窓だが、ガラスを割って入るだけでなく、無施錠の窓から忍び込む事案も頻発。「すぐに帰ってくるから大丈夫」と思いがちだが、空き巣が忍び込んでから出て行くまでの時間は、10分程度が多いとされる。短時間でもきちんと施錠する習慣をつけておきたい。
防犯はお金を掛ければきりがないが、少しの金額でも効果を高めることはできる。一人暮らしのスタイルにあった対策を選ぶのがよいだろう。
例えば、家を空ける時間が長くなるなら、自動的に照明をつけるタイマーを使い、家に誰かがいるように装うのも効果がある。寝室が2階で、夜間に1階への侵入に気付かない恐れがあるなら、センサー付きの警報機を1階の窓に設置することも考えたい。どちらもホームセンターなどで数千円程度で購入できる。
友田さんは「窃盗犯が嫌がるのは音と光、時間がかかること、人の目の四つ。うまく組み合わせて狙われにくい環境を作るのが一番」と話す。この中で「人の目」は個人の力だけでは難しい。地域の防犯活動に参加し、地区全体の防犯力を高めるのも手だ。
月1回以上活動し、5人以上メンバーがいる自主防犯のボランティア組織は全国に4万4508団体。子どもたちの見守り活動や地域のパトロールなどを行っている。警察庁のホームページ「自主防犯ボランティア活動支援サイト」(http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki55/)では、結成の仕方や活動事例を紹介している。同庁生活安全企画課の担当者は「活動を通じて地域が結束し、絆が生まれていけば、犯罪抑止の効果は高い」と話している。

読売新聞(平成23年11月10日)

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook