防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報 > 2010.09.25 中外日報 『お寺と神社の防犯NOW 検知と警報のシンプルタイプ(7)』セキュリティハウス岡崎
メディア紹介

2010.09.25 中外日報 『お寺と神社の防犯NOW 検知と警報のシンプルタイプ(7)』セキュリティハウス岡崎

検知と警報のシンプルタイプ

中外日報(平成22年9月25日)「お寺と神社の防犯NOW (7)」(弊社提供連載)

定期的に防犯対策見直し機器更新

中外日報(平成22年9月25日)

愛知県岡崎市の浄土宗西山深草派大林寺。岡崎城の復元天守閣などがある岡崎公園にほど近く、戦国時代の明応2年(1493)、当時の岡崎城城主・松平信貞(西郷昌安)公を開基として創建されたと伝えられる。徳川家とゆかりの深い岡崎の地らしく、同寺の境内には徳川家康の祖父・松平清康、父・松平広忠らの墓も残る。

そんな歴史ある同寺では現在、各種の防犯機器が境内の安全対策に大きな役割を果たす。今日まで歴代住職や檀信徒らによって受け継がれてきた道場を明日に伝えるのは使命―。こうした住職の思いを原点に、数年前から防犯システムの活用を始めたという。

同寺のシステムは、侵入検知センサーを中核とし、これに警報装置を組み合わせたタイプ。シンプルだが、本堂や庫裏の周囲のセンサーが侵入を検知すると、大音量の警報が鳴り響く。周囲に異常を知らせながら、警報音そのもので侵入者を撃退させる狙いだ。定期的に防犯対策を見直し機器も更新しているといい、システム導入後は不審者が侵入した形跡もない。

大林寺の防犯対策をサポートしているのが、岡崎市にあるセキュリティハウス岡崎(神谷英次社長=総合防犯設備士)。大林寺をはじめとした神社仏閣のほか、一般事務所や施設への納入実績も多く、これらを通して蓄積したノウハウを常に現場にフィードバックしてきた。現在は、岡崎を拠点とした防犯専門企業として、他社にない独自システムの開発も目指す。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook