防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報 > 2010.06.29 中外日報 『お寺と神社の防犯NOW 防犯対策は待ったなしの状況(4)』セキュリティハウス岡山
メディア紹介

2010.06.29 中外日報 『お寺と神社の防犯NOW 防犯対策は待ったなしの状況(4)』セキュリティハウス岡山

防犯対策は待ったなしの状況

中外日報(平成22年6月29日)「お寺と神社の防犯NOW (4)」(弊社提供連載)

前年比777件、7.8%増の寺社被害

中外日報(平成22年6月29日)

今年5月に警察庁から発表された「平成21年の犯罪情勢」。この統計によると、平成21年の刑法犯認知件数は1,703,044件で、前年に比べて 6.3%減少した。平成14年に戦後最多を記録して以降は減少に転じており、翌15年から7年連続の減となっている。

一方、神社仏閣の項目に目を向けると、昨年の認知件数は10,748件。総数に占める割合は0.6%余りにとどまるものの、全体が減少傾向にある中、前年比777件、7.8%の増加となった。強盗が前年に比べて2倍の10件、放火が21件などとなっており、寺社の防犯対策は待ったなしの状況といえるだろう。

こうした中、寺社で犯罪被害が相次ぐのを受けて防犯システムを導入したのが、岡山市北区の吉備津神社。県下きっての古社で、近ごろは〝パワースポット〟として県外からもたくさんの人が訪れる。防犯システムを取り入れたのも、多くの参拝者と境内の安全を維持するのが狙い。

設置したのは、24時間・365日の撮影が可能な防犯カメラシステム。境内や駐車場の様子が昼夜の別なくチェックできるようになり、とりわけ夜間の防犯態勢を強化した形だ。

この防犯システムは、同市中区のセキュリティハウス岡山(小野真司社長=総合防犯設備士)が設計・施工した。同社は昭和52年の創業で、神社仏閣についても80件超の納入実績を持つ。小野社長を含めて2人の総合防犯設備士を擁するなど豊富な経験が強みといえ、今後も安全な地域づくりの一翼を担っていく考えだ。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook