防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報 > 2009.11.26 中外日報 『寺社の防犯再点検 防犯診断で”弱点”把握(9)』セキュリティハウス大分
メディア紹介

2009.11.26 中外日報 『寺社の防犯再点検 防犯診断で”弱点”把握(9)』セキュリティハウス大分

防犯診断で”弱点”把握

中外日報(平成21年11月26日)「寺社の防犯再点検 (9)」(弊社提供連載)

境内の安全確保の必要痛感

中外日報(平成21年11月26日)

近隣寺院が泥棒被害を受け、今年8月に防犯システムを導入した海潮寺防犯診断で”弱点”把握

京都や奈良、滋賀などで相次ぐ仏像盗難だが、同様の被害は関西圏にとどまらない。10月初め、福岡市の寺院から重文の坐像が持ち去られたように、仏像盗は、いつ、どこに現われるか分からないのが現実だ。

こうした中、今年8月に防犯システムを導入したばかりというのが、大分市の臨済宗妙心寺派海潮寺。近くのお寺に泥棒が入ったことから、設置を決めた。海潮寺は被害寺院と同様、保育園を運営していることもあり、境内の安全を確保する必要を痛感したという。

導入に先立ち、現状の防犯レベルを診断してもらったところ、参拝者以外の侵入者が頻繁に出入りしていたらしい形跡も判明。防犯システムを設置する上でのウイークポイントが、防犯診断を通して浮き彫りになった。

診断を踏まえて導入したのは、境内の周囲に赤外線センサーを張り巡らせる外周警備システム。昼と夜とで設定を切り替え、昼は参拝者や来客の確認用、夜は不審者警戒に活躍している。センサーと併設の防犯カメラは、暗闇でも鮮明な画像を記録できる「感度アップ機能」付きで、昼夜を問わず安定した撮影精度を誇る。

海潮寺の防犯システムは、大分市のセキュリティハウス大分が設計・施工。同社は、昭和41年に㈱勉強堂として設立の後、セキュリティハウス・センターの全国ネットワークに加盟した。総合防犯設備士の資格を持つ片山勇社長を中心に、大分の安全な町づくりに取り組んでいる。

セキュリティハウスの全国ネットには現在、133社が参加し、これまで延べ1,133件の寺社に防犯システムを納入している。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook