防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEメディア紹介中外日報 > 08.06.14 中外日報 『寺社の防犯パートナー 安全と安心を目指して(2)』セキュリティハウス岡崎
メディア紹介

08.06.14 中外日報 『寺社の防犯パートナー 安全と安心を目指して(2)』セキュリティハウス岡崎

24時間対応の電話相談窓口

中外日報(平成20年6月14日)「寺社の防犯パートナー (2)」(弊社提供連載)

全国119社のネットワーク。納入後の保守メンテに力注ぐ。

中外日報(平成20年6月14日)

防犯専門店の全国ネットワークを展開する(株)セキュリティハウス・センター(本部=京都市山科区)。ネットワークは現在、北海道から沖縄まで計百十九社の加盟店を擁していて、各店が地域の安全と安心を目指す。

曹洞宗極楽寺 さまざまな寺社向け防犯システムも立案しており、愛知県岡崎市の曹洞宗極楽寺も納入事例の一つだ。

同寺の防犯システムは、岡崎市祐金町のセキュリティハウス岡崎(神谷英次社長)が設計した。防犯カメラと自動録画装置を組み合わせた自主機械警備システムで、本堂と庫裏を中心に境内を警戒する。不審者が侵入すると大きな警戒音を発し、同時にカメラ映像の自動録画が開始される仕組みだ。

一方、同社では、納入後の保守メンテナンスにも力を入れている。二十四時間体制の電話相談窓口「安全管理センター」を備え、機器などに関するお問い合わせにも休日・夜間を問わず対応しており、納入先からの評価は高い。

総合防犯設備士の資格を持つ神谷社長は、「一日二十四時間、三百六十五日。防犯システムは、いつでもどんな時でも正常に作動していなければお客様をまもれない。私たち一人一人の心構えも同じだ」と話す。

同社は昭和四十九年の創業。セキュリティハウス・センターのネットワークには発足した昭和五十九年から加盟している。
お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook