防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME防犯対策寺社仏閣 > 寺社仏閣の防犯対策
防犯対策

寺社仏閣の防犯対策

寺社仏閣

寺社仏閣にある仏像やご神体の数々。

重要文化財などに指定されているものも

少なくありません。

 

名高い仏像やご神体はもちろん、

重要文化財などに指定されていない仏像や

ご神体にも注意が必要です。

盗んだとしても発見が遅れるなどして

足がつきにくいため、盗難に遭いやすいのです

施錠は2個以上つける

鍵がかかっていないところから犯人が侵入してくることが多いことから、
破壊工作に強い錠前を最低2個以上つけておく必要があります。また、施錠する習慣をつけることも大切です。

写真、記録をとっておく

被害にあった仏像、ご神体、狛犬、掛け軸などについての詳細が不明確な場合が多いため、
あらかじめ写真を撮ったうえで、特徴を記録しておくことが必要です。
万が一盗難された場合、写真などがあれば古美術商などに前もって通知しておくことが可能になります。

防犯パトロールを実施

地域住民、門徒、氏子などの力を借りて、防犯パトロールを実施してみてはいかがでしょうか。
それだけでも犯罪の抑止につながります。
また、防犯パトロールを実施することで、その地域の防犯意識も高まるため、一石二鳥です。

夜間の死角をなくす

夜間敷地内に誰かが侵入してくるかもしれません。

不審者の侵入を検知する「赤外線センサー」、

不審者が入ってきたときライトが自動的につく「人感ライト」、

その他暗闇の中でもきちんと画像を残すことができる「防犯カメラ」の設置が効果的です。

放火対策

放火されやすいものを建物の周辺に置いておくことはやめましょう。

また、放火されやすい絵馬や古札収納所には、炎センサーを設置するなどして、

放火された瞬間に検知できるようにしておきましょう。

目が行き届いていない(防犯意識が低い)と思われないように

壁などへ落書きされた場合は、すぐに消す。窓ガラスが割られたら、すぐに直す。
ゴミがいっぱいにならないように常に注意するなど、どんなささいなことでも放置せず、
きちんと管理しておくことが大切です。
何の対処もせず、そのまま放置しておくと、目が行き届いていない(防犯意識が低い)と思われてしまい、
犯罪を自ら招いてしまうことになりかねません。
日ごろから、目の行き届いた管理をおこなうよう心掛けることが何よりも大切です。
お問い合わせフォーム

寺社仏閣の防犯システム

液晶モニター一体型デジタルレコーダー(LVR-M800)

液晶モニター一体型デジタルレコーダー(LVR-M800)

22型ワイド液晶モニターとネットワーク機能を搭載したデジタルレコーダー。壁面取り付け設置も可能で省スペース化を実現。
詳細はこちら

ハウジング型スーパーデイナイトカメラ

ハウジング型スーパーデイナイトカメラ(VHC-IR981W)

ハウジング一体型の高機能スーパーデイナイトカメラ登場!
詳細はこちら

センサー付きカプセルカメラ

センサー付きカプセルカメラ(PVC-451)

高画質カプセルカメラにパッシブセンサーを搭載。1台2役のセンサー内蔵カメラでしっかり監視。
詳細はこちら

センサー付き暗視カプセルカメラ

センサー付き暗視カプセルカメラ(PVC-452)

高画質カプセルカメラに赤外線照明とパッシブセンサーを搭載。真っ暗闇でも映像とパッシブセンサーでしっかり監視。
詳細はこちら

寺社仏閣の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook