防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME防犯対策一戸建て > 一戸建ての防犯対策
防犯対策

一戸建ての防犯対策

一戸建て

日々の幸せな生活を守るためには、あらゆる危険を想定して、

起こるかもしれない危機がいつどんなときに発生しても

回避できるようにしておくことが大切です。

 

防犯をおこなううえでは、起こりうる事件

(急病、火災、放火、強盗、泥棒被害、ストーカーなど)に

対応できる防犯機器を設置し

万が一ターゲットになった場合でも、家の中に侵入される前に

撃退できるよう整えておきましょう。

 

ガラス破り対策

住宅内へ侵入してくる手口として「無施錠」に次いで多いガラス破り。

ガラスを割り、クレセント錠を開けて窓から侵入する手口が「ガラス破り」です。

 

ドライバーでクレセント横のガラスを割り、割った部分から手を入れて

鍵を開けて室内に侵入してきます。

ガラスは簡単に割れるので、一番簡単な手口でもあります。

バーナーやガムテープなどを利用してガラスを 割る場合もあります。

いずれもあまり音が出ないという特徴があります。

 

「ガラス自体を強化すること」と、「ガラス破りの早期検知」がガラス破り対策には有効です。

ガラスを強化すると、泥棒はガラスを割ることに時間をとられ、焦ってしまいます。

その結果、侵入を諦める可能性が高くなるのです。

 

ただし、諦める可能性が高くなるというだけで、 100%被害を阻止するものではありません。

防犯対策として利用されることが多い防犯ガラス、防犯フィルム、補助錠などは、

あくまでも犯罪を 遂行するのに時間をかけさせることが目的のものであることを

忘れないようにしてください。 過信は禁物です。

防犯システム(ガラス破り検知センサーなど)と併用することをお勧めします。

目的に合ったセンサーで防犯対策

急病、強盗への対策

風呂場などに押しボタン防水型送信機を設置する。

あるいは、ペンダント型になっており持ち運びができる非常用押しボタン

持ち歩くなどの対策があります。

火災への対策

住宅には、住宅用火災警報器等の設置が義務付けられています。
寝室や台所、階段などに設置します。

放火への対策

ゴミ置き場などに炎センサーなどを設置しましょう。

泥棒への対策

補助錠を窓や扉に設置し、防犯フィルムを窓に貼ります(または、防犯ガラスへ変える)。
同時に、玄関には人感ライトを、窓や扉には窓・扉開閉検知センサーを設置しておくと、より効果的です。
赤外線センサーを窓の外に設置することもお勧めです。
お問い合わせフォーム

一戸建ての防犯システム

炎センサー(FS-2000)

炎センサー(FS-2000)

7cmの炎を10m先で瞬時にキャッチする炎センサー!エリア調整機能により設置が簡単に。
詳細はこちら

センサー付きカメラ(PVC-661)

センサー付きカメラ(白黒):PVC-650

48万画素CCDと水平解像度650本の高画質
センサー・カメラ部個別調整で様々な設置状況に対応
詳細はこちら

セキュリティキーパー(SHTO-510)

セキュリティキーパー(SHTO-510)

LEDフラッシュ・音声・サイレン・常夜灯内蔵の多目的な用途に使える表示器です。
詳細はこちら

差動式熱感知器(BV42208K)

差動式熱感知器

火災の急激な温度上昇を感知して異常をコントローラに連絡します。
詳細はこちら

一戸建ての納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook