防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOME会社案内 > 竹中センサーグループ

竹中センサーグループ

セキュリティハウス・ネットワーク本部である株式会社セキュリティハウス・センターは、センサーに特化して社会が必要とする新技術・新製品の開発、事業展開を進める竹中センサーグループの1社です。


竹中センサーグループは竹中新策が1959年(昭和34年)に竹中電子工業株式会社を創業し、日本初のトランジスタ式光電子センサー・光電子カウンターを開発商品化したところからスタートしました。


その後、1972年(昭和47年)同技術を各種分野ごとに完全な独立形態により別法人で運営・業務展開する「竹中オペサテシステム(TOS)※詳しくは下記を参照ください」を発足すると同時に、セキュリティ機器とその応用製品では国内シェア40%を誇る世界屈指の防犯センサーメーカーである竹中エンジニアリング株式会社を設立いたしました。


1982年(昭和57年)に竹中エンジニアリング株式会社の販売会社として株式会社セキュリティハウス・センターを設立、1984年(昭和59年)より全国セキュリティハウス・ネットワーク展開を開始しています。

竹中エンジニアリング株式会社の高い技術力

■1987年   「科学技術庁長官賞」受賞

■1990年   竹中新策 センサーテクノロジーの研究開発の功績者として「黄綬褒章」受賞

■2002年   日本発明振興協会より「発明大賞」受賞

■2004年   社団法人発明協会より「発明奨励賞」受賞

 

竹中センサーグループ

竹中オペサテシステム(TOS)とは

竹中オペサテシステム(TOS)は太陽、惑星、衛星といった自然法則を原理としたベンチャービジネス集団のことです。

一つの会社で多様な製品や職能を扱うのではなく、それぞれ単独に会社を設立し、その専門分野で奥行きの深い仕事を追求することを根本原則としています。


人・物・金・時間・情報といった経営資源を、専門会社別にはっきりさせるとともに、≪分権と集権≫のマネジメントも同時に行います。


つまり、この竹中オペサテシステムは、小集団の持つベンチャー的かつ弾力的で小廻りのきく体質を保持しつつ、グループとしては各社相互補完によるスケールメリットを生かしていこうとするものです。

竹中グループセンター(株)

資本金 4,500万円

竹中オペサテシステム(事業本部)の推進業務

→詳細

竹中エンジニアリング(株)

資本金 7,500万円

セキュリティ機器とその応用製品の製造販売業務

→詳細

竹中システム機器(株)

資本金 2,000万円

目視検査の自動化機器と産業用ビデオカメラの製造販売業務

→詳細

竹中電子工業(株)

資本金 4,500万円

光電子機器とその応用製品の製造販売業務

→詳細

竹中オプトニック(株)

資本金 2,000万円

レーザー光線機器とその応用製品の製造販売業務

→詳細

TAKEX AMERICA INC.

資本金 60万$

竹中センサーグループ製品のアメリカでの販売業務

→詳細

TAKEX EUROPE LTD.

資本金 25万£

竹中センサーグループ製品のヨーロッパでの販売業務

→詳細

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook