防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログセキュリティハウスについて > ジャパンショップ オールセキュリティハウスでご対応
スタッフブログ

ジャパンショップ オールセキュリティハウスでご対応

先週 東京ビックサイトで開催された「セキュリティショー」「ジャパンショップ」。
弊社はどちらにも出展していました。

私は主に「ジャパンショップ」のブースで遠隔監視システムi-NEXTをご説明していました。
店舗のオーナーやチェーン店舗本部が各地域の店舗の状況をリアルタイムの動画と音声で確認できる、というシステムです。
iPadまたはiPhoneを活用して、外出先からまるで店舗にいるのと同じように管理ができる、という注目商品です。

iPadのデモ画面を見てのお客様の第一印象は「画面綺麗だね」ということ。
そして「画像の切り替えスピードが速い」ということにも驚きの声があがっていました。
東京ビックサイト内は、どこもかしこもインターネット回線を使用。
環境は弱く4Gでデモを行うことも多かったですが、ワンタップするだけで「京都の本社」「札幌」「岡崎」「スーパー○○店」と実際の各地域のネットワークカメラの映像が切り替わります。
また、1台のカメラで20か所まで日本語で表記してポリセットポイントを設定できます。
「これは凄いね!」というお言葉を何人ものお客様からいただき、本当に嬉しく感じました。

今回の展示会の弊社ブースには下記セキュリティハウス様の営業が説明員として参加し、
オールセキュリティハウスっていったところです。


疲れも出さず、お客様に一生懸命システムの良さを伝えようと努力していました。

今年のMCは、複数店舗の経営する社長に扮して、社長の1日をデモンストレーション。
どんな風にi-NEXTを経営に活用しているのかを寸劇風に紹介しました。
・毎朝全店舗の朝礼の様子を確認。服装の乱れを即注意。元気はつらつ社員はすぐにほめる。前向きな労務管理で離職率改善。
・店舗巡回。ワンタップで東京、京都、札幌と移動も簡単。
・リサイクルショップ。持ち込まれた商品を外出先からズームアップして確認。照明も遠隔から制御。つけっぱなしのTVも遠隔消去。
・警備カードを忘れた従業員からの電話で、遠隔から警備用コントローラを解除。
・展示会などイベント時に大活躍の「どこでもカメラ」。インターネット回線がない場所でも遠隔監視が可能。

といった内容をMCで実演・熱演していました。

日経MJ・日経産業新聞に「超防犯」を広告していたところ、「超防犯って何ですか?」と新聞を持ってジャパンショップのブースに起こしいただいたお客様もいらっしゃいました!!

思わず写真に出ていただきました!
Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook