防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > ストーカー殺人。犯人は無施錠の窓から侵入して待ち伏せ。
スタッフブログ

ストーカー殺人。犯人は無施錠の窓から侵入して待ち伏せ。

女子高生を殺害した男は、家族が留守にしていた被害者宅の二階「無施錠」の窓から侵入し、クローゼットの中で待ち伏せしていたと新聞にありました。

「無施錠の窓から侵入」・・・これはこのストーカー男だけに限りません。一戸建て住宅の侵入手口の第一位がこの「無施錠窓からの侵入」で全体の43.5%にもなります。

「無施錠」というのは、施錠をされていない場所から侵入すること。つまり、犯罪者にとってはもっとも簡単な侵入手口だということができます。

2階、3階といえども隣の建物やとい、駐車場の屋根などを伝い侵入することは可能です。過信は禁物です。

犯罪者が犯罪しにくい「防犯環境」を作ることが大切です。

 

今回のストーカーは、侵入した家から再度外に出て犯行に及びました。

無施錠というのは直接殺害には関係していません。

しかし、、「もし・・・・」家族の方の気持ちを考えると、本当に気が重くなります。

心からご冥福を祈ると共に、犯罪が発生しにくい社会を作っていく必要があります。

 

Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook