防犯対策・防犯システム・監視カメラのことならセキュリティハウスにおまかせください。
HOMEスタッフブログ最近の犯罪について > 6都道府県で自動車盗難・被害5億円。防犯対策は何をすべきか?
スタッフブログ

6都道府県で自動車盗難・被害5億円。防犯対策は何をすべきか?

6都県で車窃盗 被害5億円超

千葉市などに住む男4人の窃盗グループが、埼玉県や千葉県など関東地方の1都5県でトラックなど合わせて230台、被害総額が5億2000万円を超える窃盗を繰り返していたことが、警察の調べで分かりました。

この窃盗グループは、千葉市中央区の無職、O被告(39)など、千葉県や埼玉県内に住む男4人です。
警察の調べによりますと、4人は去年9月、埼玉県新座市にある会社の駐車場からトラック1台を盗んだとして、すでに逮捕・起訴され、警察が余罪について調べを進めていました。
その結果、4人はおととし7月からことし5月までのおよそ2年間に、埼玉県や千葉県など関東地方の1都5県で、トラックやトヨタ製のハイエースなど230台、被害総額が5億2000万円を超える窃盗を繰り返していたことが分かりました。
4人は無人の駐車場などに深夜に侵入する手口で犯行を繰り返し、盗んだ車は千葉県内にあるヤードに運び込んで、1台当たり8万円から20万円で転売していたとみられています。
警察の調べに対し、4人は「盗んで得た金は生活費に使った」などと話しているということです。
4人のうちO被告以外の3人は、窃盗などの罪ですでに懲役1年6か月から5年6か月の実刑判決が確定してます。
(11月13日 17時27分 NHKニュースより抜粋)

 

トラックやトヨタ製のハイエースなど230台、被害総額が5億2000万円を超える窃盗を繰り返していた4人ですが、トラックや自動車の盗難被害は全国各地域で発生しています。

トラック、トラクター、ハイエースなどが人気種類で、日本車は壊れない、と海外に転売されているのです。

夜間無人の駐車場に侵入して盗んでいた、ということですが、こうした「自動車盗難」に対しては「駐車場の防犯力を高める」ことが重要です。

具体的には、

● 外周警備用赤外線センサーで敷地内に入ろうとする侵入者を検知し、音声メッセージで警告したり、ベル・サイレンで威嚇撃退する。

● 人感ライトを設置し、人や車が駐車場内に入ると自動的に照明を点灯し、一定時間後に自動消灯する。

● 人感ライトのすぐ下に防犯カメラを設置する。防犯カメラは赤外線照明内蔵のディナイトカメラとし、自動録画する。

といった防犯対策をすることがお勧めです。

また、駐車場内に防犯灯を設置する、道路からの見通しが悪くないかを見直し、植木の剪定などを行うことも重要です。

駐車場の防犯対策

Share on Facebook

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

自主機械警備システムNEXTは「狙わせない、侵入させない」ことを重要視したシステム。お客様に安全・安心をご提供いたします!

遠隔監視システムi-NEXTの特長

遠隔監視システムi-NEXTはiPadを使用した最先端のセキュリティ。リアルタイムで監視、離れた場所から動画や音声も確認できます。

私達に解決できること

セキュリティハウスにおまかせいただければ防犯対策はもちろんのこと、経費の削減や業務の効率化・改善、省エネ対策も可能です。

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
防犯に関する基礎知識
モバイルサイト
Facebook